logo

ARエンタメのENDROLLが「DOCOMO Open House 2020」に出展。Magic Leap 1を用いたマルチプレイARシューティングゲームを展示

株式会社ENDROLL 2020年01月17日 10時45分
From PR TIMES

AR(Augmented Reality)技術を用いたエンターテイメントを企画/開発する株式会社ENDROLL(代表取締役社長:前元健志、本社:東京都品川区、以下「ENDROLL」)は、「DOCOMO Open House 2020」に出展し、空間コンピューティングデバイスMagic Leap 1を用いたマルチプレイARシューティングゲームを展示いたします。



[画像: リンク ]

■世界注目の空間コンピューティングデバイス「Magic Leap 1」を用いたマルチプレイARシューティングゲームを展示
当社では、2019年10月より、株式会社NTTドコモの協力のもと、空間コンピューティングデバイス「Magic Leap 1」を用いたAR開発を進めてまいりました。
今回、1月23日(木)、1月24日(金)に開催される「DOCOMO Open House 2020」にて、「Magic Leap 1」を使用した展示をいたします。

本展示では「ギミック&ガンズ」と称し、実験的な試みとして「Magic Leap 1」を同時接続し、複数人(最大4人)でプレイするマルチプレイARシューティングゲームを提供します。参加プレイヤーは出現するエネミーを撃ち、最高得点を目指します。

ブースではMagic Leap 1を装着し、本ゲームの一部を実際に体験して頂きます。個人で楽しむARから、複数人で楽しみを共有するARエンタメへ、これまでとは一味違ったシューティングゲームを是非お楽しみください。

■DOCOMO Open House 2020 実施概要
実施日時 : 1/23(木)-1/24(金)9:30~18:00
実施会場 : 東京ビッグサイト(青海展示棟)
展示   : 200件以上
参加費用 : 無料(事前登録制)

■会社概要
ENDROLLは、誰もがゲームの主人公のようにワクワクして生きる世界線「Gameful WORLDs」をビジョンとしています。モバイル・ARグラス向けARエンターテイメントの企画開発を通して世界をゲーム的に書き換えていくことで、プレイヤーの皆様に心の踊る生活を提供できるよう尽力してまいります。

URL:リンク
設立:2017年12月12日
代表者:代表取締役CEO 前元健志
所在地:東京都渋谷区恵比寿西一丁目33番6号 JP noie 恵比寿西 co-ba ebisu
事業内容:ARエンターテイメントの企画、開発

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]