logo

アイ・ラーニング、IBM製品研修 e-ラーニングを拡充

株式会社アイ・ラーニング 2020年01月15日 13時05分
From PR TIMES

新たに7コースを追加し、約30コースでサービス提供開始

アイ・ラーニングは設立以来、国内のIBM製品研修を一手に担っており、IBM製品研修のe-ラーニングコースを約30コースに拡充し、全国各地の技術者の受講ニーズに対応していきます。



JBCCホールディングス株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:東上 征司)の事業会社で、人財育成事業を行う株式会社アイ・ラーニング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:宮田 晃、以下アイ・ラーニング)は、IBM製品研修の e-ラーニングに、7コースを新たに追加し、1月中旬よりサービスを開始します。

アイ・ラーニングは設立以来、国内のIBM製品研修を一手に担っており、その内容および指導力の高い実績を活かして、全国各地の技術者の受講ニーズにe-ラーニングの充実で対応していきます。
このIBM製品研修e-ラーニングでは、アイ・ラーニングの教室で行っている研修と同等の内容を動画コンテンツで提供し、講師が行う講義を自分のタイミングに合わせて何度も視聴することができます。
場所や時間に制約されずに、製品の基礎から、システム管理、プログラミングまで効率よく学習できるコースをご用意しています。「AIX」コース1コース、「IBM i」コース3コース、「DB2 for z/OS」コース3コースの計7コースを新たに追加し、今後、さらにコースの充実を図っていきます。

アイ・ラーニングでは、IT最新技術等のテクニカルスキルのみならず、新入社員からシニア社員のビジネススキルにいたるまで年間2,000以上のクラスルーム研修を実施しており、今後は学び方の多様化や企業のDX推進に向けてe-ラーニングやサテライトクラス、オンラインクラス(個人PCへのリアルタイム・デジタル配信)等を積極的に推進し、クラスルーム形式以外での研修ビジネスを2022年までに3倍にすることを目指します。

[ e-ラーニングの画面イメージ ]
[画像: リンク ]



IBM 製品研修 e-ラーニングシリーズ紹介ページ リンク

◆ IBM 製品研修 e-ラーニング 提供ラインナップ ◆
[AIX]
 ・AIX リソース管理 61P28 7時間
 ・AIXセキュリティー 61P26 12時間 【NEW 】
[IBM i]
 ・IBM i 入門 61I13 8時間 【NEW】
 ・IBM iシステム操作編 61I18 32時間
 ・IBM i TCP/IP機能と構成演習 61I1A 6時間
 ・Db2 for IBM i 基礎編 61I15 8時間 【NEW】
 ・IBM i プログラミング入門 61I14 16時間 【NEW】
 ・IBM i CLプログラミング基礎 61I16 8時間
 ・RPGIIIプログラマーのためのフリーフォームRPG 61I11 8時間
 ・Rational Developer for i & Orion 61I12 6時間
[IMS]
 ・IMS概説 61D26 16時間
 ・IMS トランザクション・マネージャーの基礎 61D22 16時間
 ・IMS全機能DBシステムの構成と機能 61D23 24時間
 ・IMS FPシステムの基礎 61D24 16時間
 ・IMS FPシステムの構成と機能 61D25 24時間
[CICS]
 ・CICS概説 61W21 16時間
 ・CICS トランザクション・サーバーの構成と資源定義 61W22 24時間
[IBM MQ]
 ・IBM MQ概説 61W07 8時間
 ・WebSphere MQ V7 システム管理 - z/OS編 61W08 24時間
[BPM]
・IBM Business Process Manager Standard V8.5 プロセス・アプリケーション開発実装 61W09 18時間
[DB2]
 ・DB2 ファミリー概説 61D10 16時間 【NEW 】
 ・リレーショナル・データベース設計 61D03 24時間 【NEW】
 ・DB2 for z/OS 適用業務設計 61D05 16時間
 ・DB2 for z/OS 回復と再始動 61D06 24時間
 ・DB2 for z/OS システム・パフォーマンス 61D07 24時間
 ・DB2 for z/OS システム管理 61D08 16時間
 ・DB2 for z/OS アプリケーション・パフォーマンス 61D09 24時間
 ・DB2 for z/OS 構成と機能 - 後編 61D11 8時間 【NEW 】

◆ 2020 年度新規 提供予定ラインナップ ◆
 ・AIX システム管理 - 基礎編
 ・AIX 7 ベーシック
 ・UNIX システム管理 - シェル・スクリプト編
 ・IBM i 機密保護
 ・IBM i 実行管理
 ・IBM i 回復設計演習
 ・パラレル・シスプレックス概説
 ・パラレル・シスプレックス計画と導入
 ・IBM Security QRadar SIEM 7.2 の基礎
 ・PowerHA for AIX 計画と導入
 ・はじめての WebSphere Application Server

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]