logo

北野武が初めて描く、書き下ろし戦国歴史エンターテインメント小説『首』12月20日発売!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:松原眞樹)は、 2019年12月20日(金)に、北野武氏の最新小説『首』を発売いたします。



[画像1: リンク ]



『首』は北野氏にとって初の歴史長編小説です。
また、北野氏から作品へのメッセージを頂きました。


[画像2: リンク ]




あらすじ

信長を殺れ! 天下を奪え!
誰も読んだことのない「本能寺の変」がここに!

羽柴秀吉と千利休に雇われ、謀反人と逃げ延びた敵を探す旅をしていた曾呂利新左衛門は、信長に反旗を翻し、有岡城から逃走する荒木村重を偶然捕らえた。この首の価値はいかに。曾呂利は、信長が狙う荒木村重の身柄を千利休に託すのだった。一方、丹波篠山の農民・茂助は、播磨へ向かう秀吉の軍勢を目撃し、戦で功を立てようと、雑兵に紛れ込むのだった。だが、思わぬ敵の襲撃が茂助の運命を狂わせていく──。信長、秀吉、光秀、家康を巻き込み、首を巡る戦国の饗宴が始まる。書き下ろし歴史長編。


著者紹介 

北野武(きたの・たけし)
ビートたけし。1947年、東京都足立区生まれ。72年、ツービート結成。漫才ブームとともに絶大な人気を誇る。89年『その男、凶暴につき』で映画監督デビュー。97年『HANA‐BI』でベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞。2010年、フランスの芸術文化勲章の最高章「コマンドール」を受章。18年、旭日小綬章受章。北野武名義の近著に『北野武第一短編集 純、文学』がある。


書誌情報

発売:2019年12月20日(金)※電子書籍も同日発売
定価:本体1,600円+税
頁数:208頁
体裁:四六判上製
装幀:矢野のり子(島津デザイン事務所)
題字:島津義晴
扉画:ビートたけし
ISBN:9784041088296
発行:株式会社KADOKAWA
詳細ページ:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]