logo

HAKUHODO Blockchain Initiativeと博報堂DYメディアパートナーズ、テレビ番組のファン育成プラットフォーム「LiveTV-Show」をSingulaNetと共同開発

第一弾として、NST新潟総合テレビの情報番組「八千代ライブ」に提供開始

株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸)が発足した「HAKUHODO Blockchain Initiative」(博報堂ブロックチェーン・イニシアティブ)と株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(東京都港区、代表取締役社長:矢嶋弘毅)は、ブロックチェーン技術を活用したテレビ番組のファン育成プラットフォーム「LiveTV-Show(ライブ・ティービー・ショー)」を、SingulaNet株式会社(東京都港区、代表取締役社長:町浩二)と共同開発いたしました。
その第一弾として、株式会社NST新潟総合テレビの情報番組「八千代ライブ」への提供を、12月末より開始します。




[画像1: リンク ]

ブロックチェーン技術の発展により、生活者が発信する情報やデータの信頼性が担保されるようになり、生活者一人ひとりがこれまで以上に発信・行動する主体となる「生活者主導社会」が進んでいます。メディアにおいてもまた、技術の進歩に伴い、生活者がより主体的に参加し楽しめる、新たな双方向の番組作りが可能になっています。

「LiveTV-Show」は、デジタルアセットの所有権を安全かつ迅速に移転できるブロックチェーン技術の特徴を応用し、テレビ番組のファンに、出演タレントのデジタルフォトやライブ映像等を数量限定で提供したり、ファンからギフティングを通じて番組を応援してもらうことができる、生活者参加型の番組制作を支援するファン育成プラットフォームです。

12月末からNST新潟総合テレビの情報番組「八千代ライブ」に提供する専用プラットフォームでは、視聴者は、同番組の企画で結成されたアイドルユニット「ツナギッコ」の限定オリジナルフォトや楽曲を購入したり、Web限定配信番組を視聴しながらサイトのギフティング(贈る)ボタンを押下することで、直接ツナギッコを応援、その活動を支援することできます。番組は、ファンからの支援をツナギッコの具体的な活動に活かすことで、ファンとのつながりを構築しながら、双方向の番組作りを実現します。

■「LiveTV-Show」の画面イメージ
[画像2: リンク ]


博報堂と博報堂DYメディアパートナーズは、ブロックチェーン技術を活用したメディア領域におけるソリューション開発を進めています。今後も、多様な知見や技術を有する社外パートナーと共に、メディアと生活者の間に新たな双方向の関係を築く支援をしてまいります。

▼PDF版は下記ページよりご覧ください
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]