logo

文化庁タイアップイベント開催!~“芝居小屋シネマ”「旧広瀬座×カツベン!」~

文化庁 2019年12月13日 16時05分 [ 文化庁のプレスリリース一覧 ]
From PR TIMES

12/13(金)公開の映画『カツベン!』。公開に先立ち、本作のロケ地となった福島市・旧広瀬座にて、文化庁×映画『カツベン!』のタイアップイベントが12/12(木)に開催されました!



[画像1: リンク ]




メインロケ地となった旧広瀬座で『カツベン!』を凱旋上映!

 文化庁は、文化財の活用を促進することを目的として映画「カツベン!」とタイアップを行っています。この一環として、12/12(木)にロケ地となった福島市・旧広瀬座にてタイアップイベントを開催しました。その名も【旧広瀬座の旧広瀬座による旧広瀬座のための“芝居小屋シネマ”「旧広瀬座×カツベン!」】!
 当日は、周防監督を招いてのオープニングトークや試写会が行われ、会場は大いに盛り上がりました!


[画像2: リンク ]



会場は『カツベン!』の世界そのもの

 イベントでは、当時の芝居小屋を再現するためどてら姿の観客約100名が集結。芝居小屋にかかせない甘味の販売なども行われ、会場はまるで大正時代にタイムスリップしたかのような雰囲気に!

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]




文化財を活用することの意義。「生きつづける 文化財」

 劇中では、成田凌さん演じる主人公が働く映画館・靑木館として登場する旧広瀬座。もともと芝居小屋として明治20年につくられた建物で、戦後には映画の上映も行われていました。平成10年には国の重要文化財に指定されています。

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]



 周防監督は「こういった場所が残されているのは、映画人にとってありがたいこと。この空間と、エキストラの皆様の協力のおかげで、成田さんのカツベンが素晴らしいものになった。感謝しています。」と思いを述べました。

[画像7: リンク ]



 宮田文化庁長官は「人々が大切に残してきた文化財だからできることがある。」と述べ、文化財を保存し、活用することの意義を語りました。


[画像8: リンク ]


 『カツベン!』では、旧広瀬座のほかにも岐阜県の白雲座や鳳凰座など、様々な場所で撮影が行われました。文化財の活用により生まれた『カツベン!』の世界をぜひお楽しみください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[画像9: リンク ]

【イベント概要】
旧広瀬座の旧広瀬座による旧広瀬座のための“芝居小屋シネマ”「旧広瀬座×カツベン!」
日程:令和元年12月12日(木)14:00開始
場所:福島市民家園「旧広瀬座」(福島県福島市上名倉大石前)
主催:旧広瀬座事業実行委員会、福島市
概要:
・オープニングセレモニー
・主催者あいさつ(木幡福島市長)
・来賓あいさつ(亀岡文部科学副大臣)
・周防正行監督×宮田文化庁長官×木幡福島市長によるオープニングトーク
・フォトセッション
・映画「カツベン!」試写
詳細:リンク
『カツベン!』公式サイト:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]