logo

【国立科学博物館】企画展「絵本でめぐる生命の旅」~≪2019年12月17日(火)から開催!≫~

文化庁 2019年12月11日 11時30分 [ 文化庁のプレスリリース一覧 ]
From PR TIMES

国立科学博物館(館長:林 良博)では、2019年12月17日(火)から2020年3月1日(日)までの期間、企画展「絵本でめぐる生命の旅」を開催いたします。
【詳細URL:リンク



[画像1: リンク ]

世代や国境を越えて多くの人に親しまれている絵本。絵本には自然や科学を題材にしているものがたくさんあります。
本展は、これらの絵本を展示の中で活用することによって、いつもとは違う科博の楽しみ方や自然科学に興味をもつきっかけを提供できるのではないかと考え企画された、これまでにないユニークな展覧会です。

[画像2: リンク ]

テーマは、地球を舞台にくり広げられてきた生命の進化。
約38億年前に出現したとされる最初の生きものから現代まで、その進化がとぎれることなく続いてきたから私たちヒトやさまざまな生きものが地球上に存在します。
遠い祖先から続く進化の道のりをめぐる“旅”にでませんか?
[画像3: リンク ]




本展のみどころ


 展示は、生命の進化をテーマとする絵本から選んだ場面をつないで構成され、魚類から私たちヒトへとつづく進化の歴史を、化石や剥製などの標本とともに、わかりやすく紹介します。
[画像4: リンク ]


■科博で新しい絵本体験!?
7つの絵本から選んだ場面をつないで化石やはく製などの標本とともに展示を構成。絵本の世界が展示室に広がり、標本とともに生命進化の歴史を楽しみながらたどれます。

■魚からヒトへとつづく進化を実感!
本展では特に魚類から私たちヒトへといたる約5億年間の生命進化の主なできごとをわかりやすく解説。私たちの遠い祖先から続く生命のつながりと、私たちの体のなかに残る進化を感じてみてください。

■もっと知りたい人のために…
科博が行っている調査・研究や、関連する常設展示を紹介するコーナーもあります。もっとくわしく、もっと広く知りたくなったら、企画展示室から常設展に足をのばしてください。

■新しい絵本との出会いがあるかも!
生命の進化や自然科学に関係する絵本を100冊以上集めた読書コーナーを設けます。なつかしい絵本と再会したり、新しいお気に入りの絵本との出会いがあるかもしれません。日本語以外の言語の絵本もご用意しています。

[画像5: リンク ]


■監修者
国立科学博物館
標本資料センター コレクションディレクター
真鍋 真(まなべ まこと)

専門は古脊椎動物学(爬虫類、鳥類化石)。
中生代の生態系進化の時空的分析をテーマに、個々の恐竜だけでなく、同じ生態系にいた他の動植物との関係などを、少しでも理解したいと努力を続けています。子どもの時に好きだった絵本は『せいめいのれきし』です。


■監修者からひと言
標本を見ていると、頭の中に絵本の物語が浮かびあがってくるような体験をしていただけたらうれしいです。絵本をきっかけに、博物館や自然、科学を好きだという気持ちが世代や国境を越えて共有できたりするかもしれませんね。



開催概要



[画像6: リンク ]

【会  場】国立科学博物館 日本館1階 企画展示室(東京都台東区上野公園7-20)
【開催期間】2019年12月17日(火)~2020年3月1日(日)
【開館時間】午前9時~午後5時(金・土曜日は午後8時まで)
【入 館 料】常設展示入館料のみでご覧いただけます。
      一般・大学生:630円(団体510円 ※団体は20名以上)
      高校生以下および65歳以上無料)
【休 館 日】毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日、ただし2月17日(月)は開館)、
      12月28日(土)~1月1日(水・祝)
【主  催】国立科学博物館
【詳細URL】リンク
[画像7: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]