logo

「レコチョク年間サブスクランキング2019」発表!最も聴かれたアーティストはあいみょん!新人ランキングはmilet!



[画像1: リンク ]

株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:加藤裕一)は、2019年12月6日(金)「レコチョク年間サブスクランキング2019」(集計期間:2018年12月1日~2019年11月30日)を発表いたします。
「レコチョク年間サブスクランキング2019」は、レコチョクが提供する定額制(サブスクリプション)ストリーミング配信サービスの再生回数をもとにしたランキングで、本年上半期から発表を開始しました。
デジタル配信は、いつでも、どこでも、楽しめることから、ランキングはトレンドを反映しやすく、また、SNSでの拡散などでロングヒット化しやすい傾向にあります。今年も2018年下半期から2019年にかけて話題になったTVCM、TVドラマの主題歌や関連楽曲多数が上位にランクインしました。
===========================================================
【レコチョク年間サブスクランキング2019】 [集計期間] 2018年12月1日~2019年11月30日
===========================================================
~サブスクで2019年に最も聴かれたアーティストは「あいみょん」!~
▼アーティストランキング
順位 アーティスト名
1位 あいみょん
2位 back number
3位 Mr.Children
4位 ONE OK ROCK
5位 乃木坂46

「レコチョク年間サブスクランキング」で「再生回数ランキング」1位、そして「アーティストランキング」1位、本当にありがとうございます。自分の歌がこんなにも聴いて頂けていると思うと、本当に音楽を作っていて良かったですし、嬉しいです。甘えてしまいそうになりますが、この結果を大切に、まだまだ作ります。宜しくお願いします。                                  あいみょん


[画像2: リンク ]


アーティスト毎に再生された楽曲総再生回数に基づいた「アーティストランキング」1位はあいみょん。「サブスク」で2019年に最も聴かれたアーティストとして1位を獲得しました。
2016年11月にシングル「生きていたんだよな」でメジャーデビューしたあいみょん。独特の世界観の楽曲で若い世代を中心に人気を誇っていました。2018年、テレビ朝日系『ミュージックステーション』初出演が話題になり、また、「マリーゴールド」、「今夜このまま」(日本テレビ系水曜ドラマ『獣になれない私たち』主題歌)など楽曲リリースとともに知名度が拡がっていきました。年末の『第69回紅白歌合戦』へ出演すると、音楽ファンがサブスクサービスで過去の楽曲も聴取したことでランキングも上昇。2019年2月には2ndアルバム『瞬間的シックスセンス』リリース。4月にはシングル「ハルノヒ」(『映画クレヨンしんちゃん新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』主題歌)でさらにファン層が拡大、7月には、TBS系火曜ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』主題歌となるシングル「真夏の夜の匂いがする」リリースなど、精力的な活動を続ける中、再生回数ランキングも常にトップにランクイン。「レコチョク年間サブスクランキング2019」では、あいみょんの総再生回数は圧倒的な存在感をみせ、上半期に続き1位を獲得しました。
■RecMusicプレイリスト「レコチョク年間サブスクランキング2019:アーティストランキング」
(リンク )

~サブスクで2019年に最も聴かれた楽曲は、あいみょん「マリーゴールド」!~
▼再生回数ランキング
順位 楽曲名 アーティスト名
1位 「マリーゴールド」 あいみょん
2位 「今夜このまま」 あいみょん
3位 「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」 MISIA
4位 「U.S.A.」 DA PUMP
5位 「君はロックを聴かない」 あいみょん
[画像3: リンク ]

「再生回数ランキング」1位に輝いたのは、あいみょん「マリーゴールド」。トップ10には「今夜このまま」「君はロックを聴かない」の3曲がランクインしています。
一気に注目されることになった『紅白歌合戦』歌唱曲「マリーゴールド」、2018年秋放映の日本テレビ系水曜ドラマ『獣になれない私たち』に起用された主題歌「今夜このまま」、2017年8月リリースのメジャー3rdシングル「君はロックを聴かない」といった楽曲も良く聴かれ、2019年年間に再生された曲TOP5の内3曲をあいみょんが占める結果となりました。
また、「マリーゴールド」は国内アーティスト初となるストリーミング1億回再生を突破。さらに、「君はロックを聴かない」が、ストリーミング1億回再生を突破しています。現在、自身最大規模のホール・アリーナツアー「AIMYON TOUR 2019 -SIXTH SENSE STORY-」を開催しているあいみょん。今後の活動に注目が集まる中、サブスクで再生される機会も続きそうです。
■RecMusicプレイリスト「レコチョク年間サブスクランキング2019:再生回数ランキング」
(リンク )


▼新人アーティストランキング
順位 アーティスト名
1位 milet
[画像4: リンク ]

「新人アーティストランキング」では「milet」が1位を獲得しました。ハスキーかつ重厚感のある歌声が特徴のmiletは2019年3月にドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』のオープニングテーマ「inside you」を含む4曲入りの「inside you EP」でデビュー。4月公開のアニメ映画『バースデー・ワンダーランド』のテーマソングと挿入歌兼イメージソングをリリース。7月にはドラマ『偽装不倫』の主題歌として書き下ろした「us」をリリース。夏にはROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019、SUMMER SONIC 2019への出演も話題を集めました。
さらに10月には「You & I」(花王「フレア フレグランス &SPORTS」CMソング)、11月にはテレビアニメ「ヴィンランド・サガ」のエンディングテーマ「Drown」を配信リリース。精力的な活動から多くの方に楽曲が聴かれ、ダウンロードランキングと同時に、サブスクでも新人アーティストランキング1位を獲得しました。


このたび「レコチョク年間ランキング 新人アーティストランキング1位」「レコチョク年間サブスクランキング 新人アーティストランキング1位」を受賞でき、とてもうれしく思います。3月にデビューし、4枚のEPをリリースすることができ、色んな曲でたくさんの方々に私の曲を知っていただくことができました。そして音楽を通して誰かの人生に関われることの幸せを知りました。これからも誰か1人にでも寄り添える歌を歌っていきたいと思います。私のことを見つけ、曲を聴いてくださった皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。                   milet


レコチョクが運営するサイト「レコログ」にてmilet独占インタビュー!ぜひ、ご覧ください。
【miletが新人ランキング2冠!「いろんなところで聴いてくれていることが実感できて本当に嬉しい」】
リンク

▼洋楽ランキング
順位 楽曲名 アーティスト名
1位 「ボヘミアン・ラプソディ」 QUEEN
2位 「Shape of You」 エド・シーラン
3位 「I Was Born To Love You」 QUEEN
4位 「I Want It That Way」 Backstreet Boys
5位 「ブレイク・フリー feat.ゼッド」 アリアナ・グランデ

[画像5: リンク ]


「洋楽ランキング」はQUEEN「ボヘミアン・ラプソディ」が1位を獲得しました。この楽曲は1975年にリリースされたアルバム『オペラ座の夜』に収録、現在まで世界的に愛され続けているロック史上に輝く永遠の名曲です。2018年にQUEENのボーカリスト、フレディ・マーキュリーを主人公にした伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』が公開されると、日本でも歴史的大ヒットを記録しました。その劇的な物語とドラマティックな音楽は、若い世代をも巻き込む一大ムーブメントとなり、映画のタイトルにもなった「ボヘミアン・ラプソディ」が2019年上半期1位に続き年間でもレコチョクサブスクランキングの洋楽ランキング1位を制しました。また、「I Was Born To Love You」も3位にランクインしています。


【レコチョク年間サブスクランキング2019】
2019年度上半期よりランキングを発表している「レコチョク年間サブスクランキング2019」は、レコチョクが提供している定額制音楽配信サービス「RecMusic」(旧名称「レコチョク Best」)、株式会社NTTドコモが提供する「dミュージック月額 powered by レコチョク」、株式会社NTTぷららが提供する「ひかりTVミュージック」における再生回数を反映したランキングです。
・「アーティストランキング」とは、アーティスト毎に再生された楽曲総再生回数に基づいたランキングです。
・新人アーティストとは、2018年11月1日~2019年11月30日の間に“レコチョクサイト配信デビュー”もしくは“CDデビュー”したアーティストを新人と定義しています。

<本リリースに記載している会社名、製品名は、各社および各団体の商標または登録商標です>

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]