logo

NSSOL、飛行艇ドローンでの通信エリア品質調査ソリューションの実証実験を実施


日鉄ソリューションズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:森田 宏之、以下 NSSOL)は、NTTドコモが米国グアム島に設置した5G技術検証環境「ドコモ5Gオープンラボ®」において、飛行艇ドローンを用いた通信エリア品質調査ソリューションの実証実験を実施いたしました[12/3~5]。
リンク

移動体無線通信技術においては、国内でも第5世代(5G)のプレ商用サービスが開始され、2020年の本格的な商用サービスに向け、多様な業界・企業において新しいサービスが企画されています。さまざまなIoTサービスにて5Gの活用が期待される中、都心部のみではなく「人が侵入することが困難なエリア(海上や山林など)」などにおいても5Gサービス利用の可能性が高まっています。

このたびNSSOLでは、長時間/広域飛行が可能な飛行艇ドローンによって、広範囲の5Gエリア品質調査を効率的に実施することができるエリア品質調査ソリューションの実証実験を実施いたしました。このソリューションが将来的に実用化されることで、侵入困難エリアにおける5Gエリア品質の効率的な調査が実現され、あらゆる場所における5Gサービス展開の支援が可能となります。具体的には、これまで「海上の通信エリア」の品質調査では、船舶での調査が主流でしたが、その代用として通信品質調査を効率的に実施できます。また、「携帯電話網経由で操作するドローン」の活用により、空中におけるセルラーネットワークが注目されつつある中、広域の空中通信エリア品質を効果的に調査することが可能となります。さらに、地方創生への活用が期待される5Gの社会実装に向けて、「5G展開を期待されているエリア(ルーラル)」へのサービス展開に寄与できると考えています。

NSSOLでは、これまでの通信事業会社向けのシステム構築や、IoT技術の現場活用である「IoXソリューション」の提供、およびシステムインテグレーション力によって、お客様の現場におけるDX実現に向けて実効性あるベストソリューションを、これからも提供してまいります。

<本実証実験関連企業>

〇飛行艇型ドローン開発 
株式会社スペースエンターテインメントラボラトリー リンク  
航空宇宙技術をコアとしたテクノロジーカンパニー。固定翼ドローンやマルチコプター、高高度気球、人工衛星まで様々な飛行ロボットの開発と運用を行う。福島支社のある南相馬市(浜通り地域)を中心に世界でも類を見ない飛行艇型ドローンの開発を進めており2020年度中の製品版リリースを目指している。

【飛行艇型ドローン】
河川や湖、海など安全な水上での発着が可能で、固定翼機ならではの高い飛行性能や、過酷な洋上使用までを想定した強靭な耐環境性能を有する飛行艇型ドローンは今までにない様々なドローンソリューションを実現可能
リンク


〇エリア品質調査ツール(5G測定器)
株式会社メリテック リンク

【Sigma-ML NR】
Sigma-ML NRはスマートフォンに実装される5GNRネットワーク測定アプリケーションであり、使用にあたり大きなハードウェアやPCは必要なく、Sigma-ML NRを使用し、5G NRネットワークの問題を見つけるために、スマートフォンのみを使用した測定が可能。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]