logo

キッズ・セーフな広告配信を可能にするTotallyAwesomeが日本へ本格進出

TotallyAwesome Singapore Pte. Ltd 2019年12月05日 07時00分
From PR TIMES

子供向けデジタル広告のリーディングカンパニーである「TotallyAwesome」は日本のブランド・代理店と協力し、子どものブライバシーを守り効果的かつ確実なコミュニケーションに貢献します。

2019年11月東京にて、子どもの情報保護の国際基準に則り、日本初の法令遵守かつ安全な子供向けデジタル広告配信企業である「TotallyAwesome(トータリーオーサム)」が日本市場向けにサービスを開始しました



これによりアメリカでのCOPPA、EUでのGDPR-k、また韓国や中国などの子供の情報取得の禁止やプライバシーを守る法令に準拠する国々のレギュレーションに準拠した広告配信が可能になります。TotallyAwesomeによる”キッズ・インサイト”のアニュアルレポートによると、日本の子供たちは自分でデバイスを所有し、これまでよりも多くのデジタル・コンテンツを消費していることがわかります。したがって、日本の子どもたち向けの広告主やコンテンツ・プロバイダーは、子供たちのデータの扱い方に責任を持たなければなりません。加えて、コンテンツの供給側は既存のコンテンツを見直し、そのコンテンツが子供やブランドに対して安全かを再確認する必要があります。

[画像: リンク ]



TotallyAwesomeは、16歳以下の若者の個人情報を守り、法令を遵守し、かつ子供にとって安全なデジタル広告プラットフォームを運営しています。これに加え、同社は代理店や広告主に対し、コンプライアンスを遵守した信頼性のある、効果的な子ども向け広告とそのエンゲージメントについて、教育するワークショップも行っています。

日本において、TotallyAwesomeはすでに国内外に市場を持つ複数の主要おもちゃ企業やエンタメブランドとパートナーを組み、同社のプラットフォームをご利用いただいています。


TotallyAwesomeのCEO、クアン・ニュエンは下記のように弊社のビジネスを語っています。
「私たちの子どもに安全なプラットフォームをご利用いただくことで、日本企業や広告、メディア代理店らによる、子どもの情報保護に準拠したビジネスを支援しています。何年もの間ビジネスを通じ、子どもたちと数多くのブランドの安全を守りながら成果をだしてきた経験を通じて、私たちが持つ知見や技術プラットフォームに日々磨きをかけています。」

今回の日本進出に際して、セールチームを率いる松下武史が同社に参画しました。松下はデジタルマーケティングの領域に長け、ティーズ(Teads)や ストライク・ソーシャル(Strike Social)、電通イージスネットワークエージェンシー(Dentsu Aegis network agencies)などのグローバル企業で15年以上に渡ってアドテク企業、メディア・エージェンシーなどで経験を積んできました。

TotallyAwesomeについて
「TotallyAwesome」は、デスクトップやモバイル、オンラインビデオなどを通じて月間1億7000万人の子どもに情報を届ける、アジア太平洋地域の子ども向けデジタルメディアのリーディングカンパニーです。私たちTotallyAwesomeの事業は、安全で法令を遵守した子ども向けのコンテンツや広告プラットフォームの運営です。私たちは若者の市場とのブランド・エンゲージメントを安全に、効果的に、楽しいものにすることをお約束します。

TotallyAwesomeは「SuperAwesome」と「Inspire Ventures」によって設立され、世界中の業界トップのゲームや広告、デジタルコンテンツを提供するスタートアップ企業を手掛ける実績のあるマネジメントチームが率いています。シンガポールの本社を拠点に、オーストラリア・インド・日本・フィリピン、ベトナムに支社を置いています。

詳細はこちら: www.totallyawesome.tv

TotallyAwesomeのPRに関するお問い合わせ:
松下武史
takeshi.matsushita@totallyawesome.tv

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]