logo

町田マルイ×玉川大学芸術学部 産業連携 冬の季節を演出するプロジェクト 芸術学部生たちが町田マルイのクリスマスディスプレイをデザイン制作し12月7日から展示スタート ~町田のマルイが光り踊る。光のサーカス2019~

玉川大学 2019年12月03日 14時05分
From Digital PR Platform




玉川大学(東京都町田市/学長:小原芳明)は、町田マルイ・モディ(株式会社丸井)との共創の取り組みとして、芸術学部メディア・デザイン学科の学生が12月7日(土)から1月10日(金)までの期間で展示される町田マルイのクリスマスディスプレイを担当します。
これは、同学科が展開しているプロジェクト授業「メディア・デザイン・プロジェクト」の一環として行われ、企画からデザイン制作まで携わりました。
昨年の『町田のマルイが光り踊る。光のサーカス2018』が好評につき、今年も町田マルイ 2階小田急線町田駅側とJR町田駅側、ウィンドウ二箇所で『光のサーカス』シリーズを展開します。是非、お楽しみください。





●町田マルイ×玉川大学芸術学部クリスマスディスプレイ概要
『町田マルイが光り踊る。光のサーカス2019』

【日時】小田急側:12月7日(土)〜12月29日(日)  
      JR側:12月7日(土)〜2020年1月10日(金)
【場所】町田マルイ 2階ペデストリアンデッキ・ウィンドウ




〈コンセプト〉
 デザインのコンセプトは光と動きです。小田急側のウインドウはサーカスの演出を彩る3台の大きなイルミネーションBOXが設置され、中央の1台の上をアクロバットのパフォーマー(シルエット)が上下に動きます。JR側は宇宙ブランコをイメージしたステンレスオブジェが中央に吊るされ、その背景をムービングライトや小型モニターのマルチ画面が空間を演出します。
 2つのウインドウに共通するテーマは「光」。年末で忙しい時期にウインドウ前を行き交う人たちに、しばし立ち止まって、「ほっと心遊ばせるようなひととき」をこの2つのウインドウに込めました。(画像を参照)

 ポスターは、立体的なウィンドウディスプレイに合わせ、空間を感じるような奥行きのあるポスターにしました。光がサーカスのように踊るというコンセプトのもと、ディスプレイ内のモチーフや丸で光を表現しています。また、青を基調とした色味は冬の季節を感じさせます。(ポスター画像を参照ください。)


〈プロジェクトの流れ〉
 今回のプロジェクトに参加した学生は23人です。学生の指導には百貨店などの空間デザインを手がけてきた芸術学部メディア・デザイン学科、志村雄逸教授があたっています。
 9月下旬マルイ町田店担当者の方と打ち合わせし、10月から学生の中で企画班・模型制作班・広報班・記録班に分かれ、このプロジェクトを進めてきました。10月31日にマルイ町田店担当者の前でデザインコンセプト、ポスターのプレゼンテーションを実施、フィードバックを受けさらに試行錯誤し、現在展示物の制作を進めています。


 プレゼンテーションに向けてマルイ町田店担当者にイメージを理解して頂くためイメージコラージュを集めたり、模型や試作品を作ってイメージしやすいようにしました。試行錯誤しデザイン案が決まってからは、広報、映像、制作を分担してすぐに作業に取り掛かりました。なお、本プレスリリースも学生の広報スタッフが制作しました。

▼本件に関する問い合わせ先
玉川学園教育情報・企画部 広報課
住所:〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
TEL:042-739-8710
FAX:042-739-8723
メール:pr@tamagawa.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]