logo

【オリックス・クレジット】当社職員が「イクボスアワード2019」グランプリを受賞

オリックス・クレジット株式会社(本社:東京都立川市、社長:山科 裕子)は、このたび、厚生労働省が主催する「イクボスアワード2019」において、当社職員がグランプリを受賞しましたのでお知らせします。



[画像1: リンク ]

 厚生労働省は、2010年より、育児を積極的に行う男性社員「イクメン」を応援し、企業において男性社員が育児休業を取得しやすい環境整備を推奨する「イクメンプロジェクト」を実施しています。年に一度、プロジェクトの一環として、「イクメン」の労働環境が整っている企業や、部下が育休を取得しやすいように工夫している社員を表彰することを目的に、「イクメン企業アワード」や「イクボスアワード」を実施しています。




[表: リンク ]



[画像2: リンク ]

 オリックスグループは、国内外マーケットの変化に対応したビジネス展開をしていくため、多様な価値観を持った人材が生き生きと働ける職場環境作りを目指し、働き方改革を進めています。また、オリックス・クレジットは、2018年に特定非営利活動法人ファザーリング・ジャパンが運営する「イクボス企業同盟」に加盟しています。今後も社員一人一人が生き生きと働ける環境を整え、働きがいのある職場となることを目指してまいります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]