logo

カンボジアのマイクロファイナンス機関である『JC FINANCE PLC.』が現地電子マネー大手Wingとシステム連携し、新クラウド型B2B融資管理システム構築に着手

株式会社日本ブレーン 2019年11月21日 09時00分
From DreamNews

カンボジア国立銀行よりマイクロファイナンス事業の認可を受けたJC FINANCE PLC.(本社:カンボジア王国プノンペン都、CEO:菊池育朗、以下JCF)は、日本国内およびミャンマーやタイで金融システムを提供している株式会社日本ブレーン(本社:東京都豊島区、代表取締役:宮内剛之、以下日本ブレーン)と、現地電子マネー大手Wing特別目的銀行(以下Wing)とシステム連携した新クラウド型B2B融資管理システムの構築を共同開発することで合意したことを発表します(2019年11月21日)。

JCFは「人に寄り添う金融」を掲げ、カンボジアの農業就業者へフォーカスした唯一かつ独創的な金融機関です。2018年に認可を受けた同行は、Wingとシステム連携し業務上のキャッシュレス化を実現、遠隔農村地域の顧客利便性のみならず資金回収率も向上させています。また融資対象である農機へは独自のGPS機器を装着、常時その動態データを捕捉しています。GPS装置は担保物の所在判明や緊急停止に利用され、動態データはその稼働状況から新しい与信方法やマーケティングに活用されています。現在、同行の事業拡大に伴い、既存システムの性能や拡張性の向上、更にセキュアなシステム構築を目指し、今般日本ブレーンと共同開発するに至りました。

日本ブレーンは国内地方銀行で培った金融システム開発経験やミャンマーやタイにおける海外金融パッケージの開発経験、医療系で提供する先進モバイルサービスの開発経験を活かし、迅速で正確な与信・決済スキームおよび分割払いなどの幅広いBtoB金融サービスに対応するクラウド型WEBサービス&モバイルシステムを提供してまいります。カンボジアは日本ブレーンにとってミャンマー、タイに続き海外展開3カ国目となります。カンボジア電子マネー大手のWingとのシステム連携機能を生かして行くとともに、現在カンボジア中央銀行が進めているデジタル通貨バコンとのシステム連携も積極的に検討していく予定です。

本リリースは、JC FINANCE PLC.と株式会社日本ブレーンの共同リリースです。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]