logo

楽天、2019年のトレンドを象徴する「楽天 ヒット番付 2019」を発表

- 楽天グループサービスの購買・予約データから2019年の消費を振り返り、来年のトレンドを予測 -

楽天株式会社(東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、本日「楽天 ヒット番付 2019」を発表しました。



「楽天 ヒット番付 2019」は、「楽天市場」をはじめとする楽天グループの各サービスから膨大な購買・予約データを分析し、そのデータに基づき、一年の消費動向や社会情勢を振り返り、その年のトレンドを象徴するキーワードを番付形式で発表するものです。今年は、東西の横綱、大関、関脇、小結の計8つのキーワードに加え、来年のヒット「期待株」として2つのキーワードを発表しました。「楽天 ヒット番付 2019」の詳細は、以下のとおりです。
[画像1: リンク ]


▼「楽天 ヒット番付 2019」トピックス
・祝賀ムードの中で幕が開けた、「令和」元年を象徴する「元年消費」
・消費税増税にともない、高額消費やキャッシュレスに人々の関心が集まった「増税前駆け込み需要」
・年代ごとの消費傾向が顕著に表れた「20代の“投資”消費」と「60代の“アクティブ”消費」
・2020年のヒット期待株は、夏に開催される世界的スポーツイベント関連の「裏スポーツ需要」と「2020暮らし方改革」


[画像2: リンク ]


▼「楽天 ヒット番付 2019」東西 横綱および期待株の詳細
● 東の横綱 | 増税前駆け込み消費
高額消費 :消費税率の引き上げとともに毎回注目を集める「駆け込み消費」。自動車から耐久消費財まで、幅広いカテゴリーの商品がその対象となります。2019年は、日用品のまとめ買いの他、生活家電を中心とした高額家電製品、負担が大きいリフォームなどの「駆け込み消費」が盛り上がりました。

【2019年8月1日~9月30日の期間における、該当する楽天のサービスにおける売上・予約の前年同期比】
[画像3: リンク ]



▶︎ テレビ : +131 %  (楽天市場)
▶︎ リフォーム : + 70 %  (楽天市場)


高まるキャッシュレスへの関心 :「消費税率の引き上げによる家計負担を少しでも軽減したい」という生活者心理を反映して、ポイント還元が期待できるキャッシュレス決済を利用する人が急増しています。「楽天ブックス」では、基礎から応用までを学ぶことができるガイドブックもヒットしました。

【2019年8月1日~9月30日の期間における、該当する楽天のサービスにおける売上・予約の前年同期比】
[画像4: リンク ]


▶︎ キャッシュレス関連本 : + 92%  (楽天ブックス)


(番外編)
増税後はフリマアプリに期待 : 増税前に実施した楽天のフリマアプリ「ラクマ」利用者の増税前に意識調査では、「増税を機に、消費税がかからないフリマアプリで買い物をする気持ちが高まりましたか?」という質問に対し、約6割(58.3%)が「はい」と回答しました。とくに、「ラクマ」を利用して洋服、コスメ・美容品など日常的に使う商品を増税後に賢く節約したいという消費者の意識が高まっていることが分かりました。

【 調査期間:2019年9月18日~20日 回答者数:「ラクマ」利用者 8,293名 】
[画像5: リンク ]



▶︎「消費税がかからないフリマアプリで買い物をする気持ちが高まった」と回答した人 58.3%


● 西の横綱 | 元年消費
令和参拝 活発 : 4月18日(木)、当時の天皇皇后両陛下が譲位の報告のため伊勢神宮を参拝された際には、長年のご公務への敬意を表す人が多くみられました。世代を超えた「聖地巡礼」ブームも後押しし、旅行では伊勢方面が人気を博し、参拝に欠かせない御朱印帳を求める人も増加しました。


【2019年1月1日~9月30日の期間における、該当する楽天のサービスにおける売上・予約の前年同期比】
[画像6: リンク ]


▶︎御朱印帳 : + 28%  (楽天市場)
▶︎伊勢・二見エリア宿予約 : + 110%  (楽天トラベル)


駆け込み婚 : 一つの時代の締めくくりと共に、結婚の時を迎えたいという「駆け込み婚需要」を反映し、「令和」の文字が日付に反映されている、デザイン性に富んだ現代風の婚姻届に注目が集まりました。「祝賀ムードのなかで人生の大切なイベントを迎えたい」というニーズを捉えた商品が売れました。

【2019年1月1日~9月30日の期間における、該当する楽天のサービスにおける売上・予約の前年同期比】
[画像7: リンク ]


▶︎婚姻届 : + 40% (楽天市場)


令和引用元への熱視線 : 『初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭の珮後の香を薫らす』。 大化以来、248番目の元号に定められた令和の典拠となった万葉集は、古典文学では他に類を見ないほど、驚異的な売れ行きを記録しました。

【2019年1月1日~9月30日の期間における、該当する楽天のサービスにおける売上・予約の前年同期比】
[画像8: リンク ]


▶︎万葉集関連本 : + 948% (楽天ブックス)


● 東の期待株 | 裏スポーツ需要
リモートワーク推進 : 世界が注目する2020年のスポーツイベントの開催を控え、競技日程によっては、都内を中心に通勤への多大な影響が出ると見られることから、大会期間中のリモートワークを採用する企業も存在します。モバイルPCやWi-Fiルーターなど、社外で勤務する際に欠かせないアイテムの需要拡大が期待されます。

【2019年1月1日~9月30日の期間における、該当する楽天のサービスにおける売上・予約の前年同期比】
[画像9: リンク ]


▶︎ PC : + 51.0 % (楽天市場)
▶︎Wi-Fi : + 51.0% (楽天市場)


家ナカ消費 :自宅でスポーツイベントをテレビ観戦する人たちを中心に、ネットショッピングやデリバリーを上手に活用した「家ナカ消費」が活性化することが予想されます。
【2019年9月20日~10月8日の期間における、該当する楽天のサービスにおける売上・予約の前年同期比】
[画像10: リンク ]


▶ オードブル : + 48 % (楽天デリバリー)
▶︎ ミールキット : 数倍 (楽天西友ネットスーパー)


東京脱出 : 17日間におよぶイベント期間中には、多くの方が都内を中心とした競技会場に訪れます。大会期間中の都内は賑わいが予想される一方で、旅行を計画する東京都民が増えることが期待されます。
【2020年7月22日~8月9日の期間における、該当する楽天のサービスにおける売上・予約の前年同期比】
[画像11: リンク ]


▶︎ 東京外宿泊(※) : + 141 % (楽天トラベル)
※東京在住者が都内以外の宿泊地を選択した場合の人泊数


● 西の期待株 | 2020暮らし方改革
次世代テクノロジーの広がり : 世界的スポーツイベントの開催をきっかけに、1964年前後の「新・三種の神器」と言われたクーラー、自動車、カラーテレビの普及や1998年前後の携帯電話の一般化など、日本社会は大きな変化を迎えてきました。2020年以降は5GやIoTの普及が加速することが期待されます。
【2019年1月1日~9月30日の期間における、該当する楽天のサービスにおける売上・予約の前年同期比】
[画像12: リンク ]


▶︎ AI家電 : + 38 %  (楽天市場)
▶︎ VRゴーグル : + 34 % (楽天市場)


【11月5日(火)公開 「楽天 ヒット番付 2019」】

[画像13: リンク ]


2019年を象徴するキーワードが並ぶ「楽天 ヒット番付 2019」を公開中です。
▼「楽天 ヒット番付 2019」
URL: リンク


                                                以 上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]