logo

「そうだ 京都、行こう。」、“耳で楽しむ” 新感覚・旅ナカ企画を展開

京都が舞台の話題映画『HELLO WORLD』や、人気の落語家・浪曲師とコラボレーションしたコンテンツが体験できる!

 東海旅客鉄道株式会社では、観光キャンペーン「そうだ 京都、行こう。」を展開しておりますが、このたび、新たに「“耳で楽しむ” 旅ナカ企画」として、京都が舞台の映画「HELLO WORLD」とコラボレーションした「聖地巡礼ボイスラリー」と、京都の夕暮れスポットでそのスポットにまつわるオリジナル物語を人気の落語家・浪曲師の語りで楽しむ「話芸で綴る京都-秋は夕暮れ-」を実施致します。



 
[画像1: リンク ]

 この2つの「“耳で楽しむ” 旅ナカ企画」は、指定のスポットに近づくと音源の視聴が可能になるGPS機能搭載アプリ「hummingo」を利用することにより体験できる企画です。
 北村匠海さん、松坂桃李さん、浜辺美波さんらが声優として出演することでも話題の映画「HELLO WORLD」とのコラボレーション企画「聖地巡礼ボイスラリー」では、物語の舞台となる京都の5つのスポットを巡りながら、主人公・堅書直実(CV:北村匠海)の録り下ろし音声ガイドを聴くことができます。また、人気の落語家・浪曲師とのコラボレーション企画「話芸で綴る京都-秋は夕暮れ-」では、京都の夕暮れスポットを訪れると、浪曲師・玉川太福さんや落語家・春風亭昇々さんらが語るそのスポットにまつわる「そうだ 京都、行こう。」オリジナル物語を聴くことができます。

 様々なことについてインターネット検索で知ることができるようになった時代背景もあり、近年の旅のトレンドは「体験」となっています。現地でしか楽しむことのできないアクティビティにますます注目が集まる中、秋の京都で旅の新しい楽しみ方をご堪能下さい。

<実施概要>
1.JR東海「そうだ 京都、行こう。」×東宝 共同企画
 映画「HELLO WORLD」公開記念 聖地巡礼ボイスラリー

[画像2: リンク ]

 本イベントは、京都の各スポットが記載された5枚のオリジナルカード(ラリーキット)をもとに、映画「HELLO WORLD」に登場する人気キャラクターとともにストーリーを進める聖地巡礼ボイスラリーです。参加者は、映画の舞台となった京都の5箇所をめぐり、ストーリーを体験していくことで映画「HELLO WORLD」の世界に没入します。注目は、イベントのために録り下ろしされたボイスストーリー。主人公・堅書直実(CV:北村匠海)が登場して、まるで目の前にいる感覚を楽しむ事ができます。さらに、5箇所すべて制覇(再生)すると、コンプリート賞としてボーナストラックが出現します。そのほか、1スポットにつき2種類のデザインのオリジナルカード展開や、一部スポットには等身大パネルを設置します。各スポットのオススメ情報も聴けるので、映画「HELLO WORLD」ファンはもちろん、家族のお出かけにもぴったりのイベントです。

【開催期間】2019年10月11日(金)~ 2020年1月31日(金)
【参加方法】
1.対象の旅行プランをHPから購入
URL:リンク
[画像3: リンク ]


2.新幹線で京都駅に到着後、京都駅内引換場所にて、「ぷらっと整理票」とラリーキットを交換
 映画「HELLO WORLD」に登場した京都駅ビルなど、京都の各スポットが記載された5枚のカードをお渡しします。1スポットにつき、2種類のデザインがあり、どのカードになるかはお楽しみとなります。

▼引換場所
・JR東海ツアーズ京都支店(京都駅八条口1階)
 JR券窓口/8:00~10:30(平日のみ19:00~20:00も引換可)
 旅行相談窓口/10:30~19:00(土日祝は18:00まで)
 ※2019年12月30日(月)~2020年1月3日(金)はJR券窓口にて8:00~19:00引換。
  旅行相談窓口は休業となります。

・JR東海ツアーズ京都駅新幹線中央口支店(京都駅八条口2階)
 受付カウンター/11:00~19:00(土日祝は18:00まで)
 ※2019年12月30日(月)~2020年1月3日(金)はJR券窓口にて11:00~18:00引換。受付カウンターは休
  業となります。

3.アプリ「hummingo(R)(ハミンゴ)」をダウンロード
 ダウンロード後アプリを起動し、アカウントを登録します。
 ※アカウント登録にはメールアドレスが必要となります。

4.カードに描かれた対象スポット(聖地)に到着したらアプリを起動
 Pickupの映画「HELLO WORLD」ページへアクセス。
 主人公・堅書直実(CV:北村匠海)による録り下ろし音声ガイドを聴けます。さらに、聖地5箇所すべて制覇(再生)すると、新たなスポットが出現し、ボーナストラックを聴くことができます。
 ※GPS機能を利用したコンテンツのため、スポット周辺であれば、ボイスコンテンツをお聴き頂けます。

【詳細URL】リンク

【映画「HELLO WORLD」について】
日本アニメーションの次世代を担う才能、伊藤智彦監督。『時をかける少女』『サマーウォーズ』で助監督を務め、『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- 』を興行収入25億円の大ヒットに導いたのは記憶に新しい。未来やテクノロジーへの深い造詣と確かな演出力を持ち、今最も長編アニメーションが期待される伊藤監督の最新作『HELLO WORLD』は、脚本に小説「バビロン」シリーズ、「正解するカド」の鬼才・野崎まど、キャラクターデザインに『けいおん!』の堀口悠紀子という傑出した才能が集まり、新時代の幕開けにふさわしい“新機軸のハイスピードSF青春ラブストーリー”に仕上がった。
声優陣は、北村匠海、松坂桃李、浜辺美波という今最も旬な三人が牽引する。それぞれアニメーションファンとして知られ、実写でも繊細且つ鮮烈な青春・恋愛を見せてきた彼らだからこそ描き出せるドラマ感で作品に命を吹き込む。

2.「そうだ 京都、行こう。」夕暮れ特別企画 話芸で綴る京都-秋は夕暮れ-

[画像4: リンク ]

京都の秋の夕暮れ時間帯を楽しむ企画として、人気の落語家・浪曲師とコラボレーション。京都の夕暮れスポットを訪れると、そのスポットにまつわる「そうだ 京都、行こう。」オリジナル物語を聴くことが出来ます。夕暮れ時、名所に訪ねて “その地ならではの物語”に耳を傾けていただき、新たな京都の世界をお楽しみください。

【開催期間】2019年10月23日(水)~ 2019年12月8日(日)

【語り手・スポット】
1.金戒光明寺:浪曲師 玉川 太福

[画像5: リンク ]

1979年生まれ、新潟県出身。27歳のときに偶然出会った浪曲の舞台に衝撃を受け、二代目玉川福太郎に入門。2013年に名披露目。都内各地の寄席や区民ホールでの独演会(日本浪曲協会主催)をはじめ、NHK-FM「浪曲十八番」、NHK「浪曲特選」などメディアにも出演。

2.鴨川(三条~四条):落語家 春風亭 昇々
[画像6: リンク ]

1984年生まれ、千葉県出身。2007年に春風亭昇太に入門し、2011年に二ツ目に昇進。2015年・2016年とNHK新人落語大賞決勝進出。同じく2016年に第2回渋谷らくご大賞を受賞。テレビやラジオパーソナリティとしても活躍中。

3.京都駅周辺:落語家 立川 吉笑
[画像7: リンク ]

1984年生まれ、京都府出身。2010年に6代目・立川談笑に入門し、2012年には二ツ目に昇進。独自性の高い新作落語で、業界内外に注目を集める。雑誌『中央公論』でエッセイ連載など文筆業にも積極的に取り組む。著書に『現代落語論(毎日新聞出版)』など

4.北野天満宮:落語家 林家 たま平
[画像8: リンク ]

1994年生まれ、東京都出身。9代目・林家正蔵の長男で、2013年に入門。翌年、落語協会の前座となり、2017年には二ツ目に昇進。趣味は三味線、茶道、ピアノ、筋トレ、ラグビーなど多岐にわたる。現在、ドラマや映画など、俳優としても人気。

【参加方法】
1.アプリ「hummingo(R)(ハミンゴ)」をダウンロード
 ダウンロード後アプリを起動し、アカウントを登録します。
 ※アカウント登録にはメールアドレスが必要となります。

2.京都名所に到着したらアプリを起動
 いずれかの京都名所でアプリを起動、Pickupの「話芸で綴る京都―秋は夕暮れー」へアクセス。
 ※GPS機能を利用したコンテンツのため、スポット周辺であれば、ボイスコンテンツをお聴き頂けます

【詳細URL】リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]