logo

SAPが市場初のクラウドマイグレーション・サービスでマイクロソフトと提携

Microsoft Corp. 2019年10月21日 15時12分
From 共同通信PRワイヤー

SAPが市場初のクラウドマイグレーション・サービスでマイクロソフトと提携

AsiaNet 81145 (2029)


【レドモンド(米ワシントン州)、バルドルフ(ドイツ)2019年10月20日PR Newswire=共同通信JBN】
*新契約により、両社はMicrosoft AzureへのSAP S/4HANAとSAP Cloud Platformの顧客の移行を加速し、最新のものにする

「Embrace」計画(リンク)によって顧客のクラウドへのジャーニーをシンプルかつ最新のものにする共同コミットメントに基づき、SAP SE(リンク )とマイクロソフトは21日、Microsoft AzureでSAP S/4HANA(R)とSAP(R)Cloud Platformを顧客が利用することを加速する、セールスのコンセプト化をはじめとする広範なマーケット展開の提携を発表した。

Logo - リンク

今回の新しくて推奨されるクラウド提携でSAPとマイクロソフトは協力し、システムインテグレーターのグローバルネットワークと相まって、顧客に統一された参照アーキテクチャー、ロードマップ、マーケットから承認されたジャーニーの総合的なバンドルを提供し、クラウドへの明確な道程を示す。シンプル化された顧客ジャーニーの一環として、マイクロソフトはSAP Cloud PlatformのコンポーネントをAZUREと共に再販する。この独自のサービスはSAP ERPとSAP S/4HANAの顧客をオンプレミスからパブリッククラウドへとさらに容易に移行することを目的としている。

SAPのジェニファー・モーガン共同最高経営責任者(CEO)は「この提携は、顧客がクラウドのSAP S/4HANAへと顧客が移行する際に煩雑さを低減し、コストを最小限にすることを目的としている。SAPとマイクロソフトが力を合わせ、この2つの産業リーダーが取り組んでいるという保証を顧客に提供することで、顧客はインテリジェントエンタープライズへの移行を、自信を持って効率的に行うことができる」と述べた。

マイクロソフトのワールドワイド・コマーシャルビジネス担当、ジャドソン・アルソフ執行副社長は「プリファードパートナーとしてMicrosoft Azureを選んだSAPの決定は、区別化された形でわれわれ2社の関係を深め、クラウドエコシステムの成長を育成するという共通のコミットメントを示している。今日のニュースは顧客を第一として顧客のクラウドトランスフォーメーションをサポートするわれわれのコミットメントも反映するもので、それは当社マイクロソフトが提携から製品イノベーションまでの全てにアプローチする方法を継続的に推し進める。これは全く新しいレベルの共同販売だ」と述べた。

SAPはMicrosoft Azureとともに、業界固有の最良事例、参照アーキテクチャー、クラウドによるサービスを通し、オンプレミスのSAP ERPとSAP S/4HANA顧客がクラウドに移行するよう導く。これにはハイパースケール・インフラストラクチャーを利用することで、既存の直接的なSAP HANA(R)Enterprise Cloud顧客の将来の展開と移行を含む。その一方でSAPは、ビジネス要件に基づいて代替を求める顧客の選択をサポートするという長期にわたる方針を継続する。

Microsoft Azureでの「Embrace」計画が顧客に提供するのは、具体的には以下の通り:

*統合された製品と産業ソリューションを用い、オンプレミス版SAP ERPからSAP S/4HANAへの顧客の移行簡略化。インダストリーマーケット・バンドルは単一の参照アーキテクチャーと実装効率化の道程を提供し、特定業界の顧客にクラウドへのロードマップをつくる。
*問題解決のシンプル化に向けた協調的サポートモデル。顧客のフィードバックに対応しながら、AzureとSAP Cloud Platformの統合サポートモデルは移行を容易にし、コミュニケーションを向上させる。
*顧客のニーズをサポートする共同開発のマーケットジャーニー。マイクロソフト、システムインテグレーターのパートナーがSAPと協力して設計した顧客向けの推奨ソリューションと参照アーキテクチャーを備えたデジタルエンタープライズへのロードマップを提供する。これらは製品、サービス、そしてマイクロソフト、SAP、システムインテグレーターの作業において、産業ごとに協調したアプローチを提供する。

▽SAPについて
インテリジェントエンタープライズを原動力とするエクスペリエンスカンパニーとして、SAPは企業向けアプリケーションソフトウエアのマーケットリーダーで、あらゆる規模の会社とすべての産業を全力で支援している。世界の取引収益の77%はSAP(R)に関連している。当社の機会学習、インターネット・オブ・シングス(IoT)、先端分析技術は顧客のビジネスをインテリジェントな企業に変える手助けをしている。SAPは人々と組織に深いビジネスの知見を与え、競争に先んじることを支援するコラボレーションを育成することをサポートする。当社は企業への技術をシンプルにする。そうすることで、顧客は当社のソフトウエアを混乱することなく自分たちの望むやり方で使うことができる。当社のエンドツーエンドのアプリケーションとサービスのスイートは43万7000以上の企業と公的な顧客で使用され、高い収益性での運営、継続的な採用、違いを生み出すことを実現している。SAPは顧客、パートナー、従業員、ソートリーダーとのグローバルネットワークを持ち、世界がより良くなって人々の生活を向上させることを支援している。より詳しい情報はwww.sap.com を参照。

SAP、SAP HANA、ここに言及される他のSAP製品ならびにそれぞれのロゴはドイツその他の国においてSAP SEの商標または登録商標である。商標に関する追加的な情報と通告についてはリンク を参照のこと。

▽マイクロソフト(Microsoft)について
マイクロソフト(Nasdaq「MSFT」 @microsoft)はインテリジェントクラウドとインテリジェントエッジの時代においてデジタルトランスフォーメーションを可能にする。同社の使命は地球上のすべての顧客、全ての組織の業績向上を支援することである。

編集者注:マイクロソフトに関するさらなる情報、ニュース、展望についてはMicrosoft News Center(リンク )を参照のこと。ウェブリンク、電話番号や肩書は、発表の際には訂正・変更されていることがある。追加的な支援として、ジャーナリストとアナリストはマイクロソフトのRapid Response Teamもしくは(リンク )に記述の他の適切な連絡先に連絡を。

ソース:Microsoft Corp.

▽問い合わせ先
Microsoft Media Relations, WE Communications for Microsoft,
+1 -425-638-7777
rrt@we-worldwide.com;
SAP, Atle Erlingsson
+1-415-519-8053
atle.erlingsson@sap.com;
SAP, Susan Miller
+1-610-570-6845

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]