logo

47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現 地元を愛するお客様・地方自治体・カルビーが共創 栃木の味『ポテトチップス 宇都宮焼餃子味』 11月18日(月)発売

“ラー油の砂”で辛みを効かせたパンチのあるうま辛な味わい!

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二)は、栃木県宇都宮市のご当地グルメの味わいを再現した『ポテトチップス 宇都宮焼餃子味』を数量限定・期間限定で2019年11月18日(月)から、栃木・茨城・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨(8都県)で発売します。また、カルビーアンテナショップでも随時、販売予定です。商品は無くなり次第終了となります。※12月下旬終売予定




[画像1: リンク ]

【開発経緯】
カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「♥JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足し、2017年度、2018年度に47都道府県それぞれの地元の味を再現したポテトチップスを数量限定・期間限定で発売しました。3年目となる2019年度も、3回(第1弾、第2弾、第3弾)に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売します。

2019年度の栃木の味『ポテトチップス 宇都宮焼餃子味』は、地元を愛するお客様からインターネット上で募集した味案をもとに、栃木県庁にて栃木県や宇都宮市、協同組合宇都宮餃子会等の地元を愛する皆様と一緒にワークショップや試食会を行い、味やパッケージを決定しました。

2017年度の「しもつかれ味」、2018年度の「いもフライ味」に続く味案として、「佐野ラーメン」や「じゃがいも入り焼きそば」等のアイデアも出されましたが、地元の方々に愛され地域文化として根付いている味でもあることから宇都宮餃子の味わいを再現することに決定しました。

【商品特長】

[画像2: リンク ]

野菜たっぷりの宇都宮餃子は、比較的あっさりとしており、“何個でも食べられる”のが特長。この宇都宮餃子に、“ラー油の砂”と呼ばれる瓶の底に沈んだ唐辛子等の香辛料の粉をつけて食べるのが通な食べ方と言われています。

本商品は、その通な食べ方で味わう宇都宮餃子をポテトチップスで再現し、辛みを効かせたパンチのある味わいに仕上げました。パッケージは、“ラー油の砂”と餃子、火を噴く宇都宮餃子像の写真を載せてパンチのある味わいを表現。栃木県のマスコットキャラクター「とちまるくん」と宇都宮市のマスコットキャラクター「ミヤリー」をダブル起用して親しみを感じさせるデザインにしました。裏面では“ラー油の砂”を紹介するとともに、「宇都宮餃子会直営 来らっせ本店」や「大谷資料館」といった宇都宮の名所をPRしています。

【開発担当者のコメント】
ラー油のタレにつけて食べる宇都宮餃子の美味しさをイメージしながら、タレがないもの、さっぱりとしたもの等、様々な方向性を比較検討しました。その後、野菜の甘味を効かせつつ、タレの味をガツンと味わえる濃厚さを目指して何度も試作を重ねました。また、ラー油の砂をイメージして、赤い粒をチップにのせるなど、味、見た目ともにパンチのある商品に仕上がったと思います。

商品名:ポテトチップス 宇都宮焼餃子味
内容量:55g
エネルギー:304kcal
JANコード:4901330537203
価格:オープン(想定価格 税込み130円前後)
発売日:2019年11月18日(月)
※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合がございます。
※店舗によっては、お取扱いのない場合や、売り切れで販売終了の場合がございます。
販売エリア:栃木・茨城・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨
アンテナショップ:新千歳空港店・西武所沢店・ペリエ千葉店・原宿竹下通り店・東京駅店・海老名SA店・ジェイアール京都伊勢丹店・ららぽーとEXPOCITY店・心斎橋店・神戸ハーバーランドumie店・広島駅店・HAKATA店・沖縄国際通り店

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]