logo

47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現 地元を愛するお客様・地方自治体・カルビーが共創 山梨の味『ポテトチップス ほうとう味』 11月18日(月)発売

山梨を代表する郷土料理がポテトチップスに!

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二)は、山梨県の郷土料理の味わいを再現した『ポテトチップス ほうとう味』を数量限定・期間限定で2019年11月18日(月)から、山梨・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川(8都県)で発売します。また、カルビーアンテナショップでも随時、販売予定です。商品は無くなり次第終了となります。※12月下旬終売予定




[画像1: リンク ]

【開発経緯】
カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「♥JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足し、2017年度、2018年度に47都道府県それぞれの地元の味を再現したポテトチップスを数量限定・期間限定で発売しました。3年目となる2019年度も、3回(第1弾、第2弾、第3弾)に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売します。

2019年度の山梨の味『ポテトチップス ほうとう味』は、地元を愛するお客様からインターネット上で募集した味案をもとに、山梨県庁にて山梨県やほうとう推進協議会等、地元を愛する皆様と一緒にワークショップや試食会を行い、味やパッケージを決定しました。2017年度の「せいだのたまじ味」、2018年度の「甲府鳥もつ煮味」に続く味案として、「吉田のうどん」「信玄餅」等のアイデアも出されましたが、長い歴史の中で地元の方々を中心に多くの人々に愛されていることから「ほうとう」に決定しました。

【商品特長】

[画像2: リンク ]

「うまいもんだよカボチャのほうとう」という諺にもあるように、「ほうとう」は、平打ちの太麺をかぼちゃ等の野菜と一緒に味噌仕立てで煮込んだ全国に誇る山梨の郷土料理です。本商品はその「ほうとう」の味わいを再現し、かぼちゃの甘みとやさしい味噌の味わいが楽しめるポテトチップスです。

パッケージは、「ほうとう」の写真を中央に大きく配置し、味の想起がしやすいデザインにしました。「ほうとう」には様々な云われや歴史がありますが、戦国時代に武田信玄が陣中食として食べていたともされることから、鎧や兜等のイラストもあしらいました。また、富士の国やまなし観光キャラバン隊長の「武田ひし丸」を掲載して親しみを感じさせるとともに、裏面では、ほうとう推進協議会や、「ほうとう」をはじめとした山梨の郷土料理や名産品を認定する「やまなしの食」について紹介しています。

【開発担当者のコメント】
野菜の甘みや味わいを感じられることと、その中でも特に、味噌とかぼちゃの甘みが味わえるようにすることを意識して開発しました。味噌の味を強くすると味噌汁のような味わいになってしまったり、かぼちゃの味を強くするとパンプキンスープのようになったりと、味噌とかぼちゃのバランスをどのようにするかに大変苦労しました。試行錯誤の結果、かぼちゃの甘みと味噌の味わいがバランス良く、どんどん食べ進む味わいに仕上がりました。ぜひお召し上がり下さい!

商品名:ポテトチップス ほうとう味
内容量:55g
エネルギー:304kcal
JANコード:4901330537227
価格:オープン(想定価格 税込み130円前後)
発売日:2019年11月18日(月)
※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合がございます。
※店舗によっては、お取扱いのない場合や、売り切れで販売終了の場合がございます。
販売エリア:山梨・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川
アンテナショップ:新千歳空港店・西武所沢店・ペリエ千葉店・原宿竹下通り店・東京駅店・海老名SA店・ジェイアール京都伊勢丹店・ららぽーとEXPOCITY店・心斎橋店・神戸ハーバーランドumie店・広島駅店・HAKATA店・沖縄国際通り店

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]