logo

OSAKA×MILANO DESIGN LINK 20192019年10月12日(土)~11月4日(月・振休)開催

株式会社大丸松坂屋百貨店 2019年10月12日 12時00分
From PR TIMES

世界最大のデザインの祭典ミラノ・フォーリサローネとのコラボレーション~大丸心斎橋店 本館を起点に、世界のデザインが大阪の街に集結~

大丸心斎橋店をはじめとするOSAKA×MILANO DESIGN LINK実行委員会では、10月12日(土)より世界最大のデザインイベントであるミラノ・フォーリサローネとコラボレーションしたデザインイベント「OSAKA×MILANO DESIGN LINK(オオサカ ミラノ デザインリンク)」を開催いたします。



「OSAKA×MILANO DESIGN LINK」は、大丸心斎橋店 本館のグランドオープン(2019年9月20日)を機に企画された大阪の街をデザインで盛り上げる新たなイベントです。初年度である本年は大阪の姉妹都市でもあるイタリア ミラノ市で毎年4月に開催されるデザインの祭典ミラノ・フォーリサローネとのパートナーシップを締結。今年のミラノ・フォーリサローネで展示され話題を呼んだ作品の中から選りすぐられた展示や世界的デザイナーが大阪にインスパイアを受けて制作した新作などが、大丸心斎橋店本館を起点に集結。その他日本企業の凱旋展示、関西で活躍する若手アーティストのオリジナル作品など、全23作品が大阪・心斎橋の街を彩ります。
[画像1: リンク ]

■開催概要
開催期間 :2019年10月12日(土)~2019年11月4日(月・振休)
開催場所 :大丸心斎橋店 本館と周辺エリア 
*大丸心斎橋店 本館1Fにて全体インフォメーションスペースを設置
主催 :OSAKA×MILANO DESIGN LINK 2019 実行委員会
(大丸心斎橋店、NPO法人 御堂筋・長堀21世紀の会)
特別協力 :Studiolabo S.r.l. 、Fuorisalone.it
展示概要 :Fuorisalone 2019 ベストセレクション展示 全9点、海外デザイナーによる新作展示 全4点
Fuorisalone 2019日本企業作品凱旋展示 全3点
  関西発の新進アーティスト公募型展覧会 ART STREAM 参加作品 全7点
公式HP :リンク

[表1: リンク ]




「OSAKA×MILANO DESIGN LINK」開催の背景

大丸松坂屋百貨店を核とする、J.フロント リテイリンググループでは、現在「アーバン・ドミナント戦略」を掲げ、エリア内の店舗と街づくりを一体化させることで、地域全体の成長につなげる試みに組んでおり、大丸心斎橋店 本館はその中心プロジェクトの一つです。

[画像2: リンク ]

計画段階から、地域社会との共生を見据え、大丸心斎橋店が提供すべき5つの提供価値「フィロソフィ」においても、“地域と共に、シビックプライドの向上・復権を目指す”を掲げ、地域との関わりを生み出す様々な取り組みを行ってまいりました。
「OSAKA×MILANO DESIGN LINK」は、この「フィロソフィ」を体現する象徴的な取り組みとして計画されたものです。開催にあたっては、ミラノ・フォーリサローネのあらゆる情報を集約するwebプラットフォーム「fuorisalone.it」の運営や中心エリアであるブレラ地区のデザインプロジェクトプロデュースなどを手がけるSTUDIO LAB(スタジオラボ)社とのパートナーシップを締結。大阪とミラノ双方で多くの議論を重ねながら、イベントを作り上げてきました。
今後規模を拡大して行くことで、世界の共通言語でもあり、様々な人にむけて開かれた「デザイン」の力で、心斎橋の街に集う様々な人や企業、モノやコト、ローカルとグローバルをつなぎ、未来にむけて大阪を「世界のOSAKAに」してゆくことを目指しています。


大丸心斎橋店 本館内の展示作品について

大丸心斎橋店 本館内では、心斎橋エリアに展示された様々な作品の場所や情報が確認できるインフォメーションスペースを設置する他、ショーウィンドーや館内の各フロアで全11作品の展示を行います。

[表2: リンク ]


今年4月にイタリア・ミラノで開催された「フォーリサローネ」で高い評価を受けた作品の中から、STUDIOLABがセレクトした作品群
本館内の2階、3階、4階、7階、9階の特設スペースに展示されます。
空想のモンスターや宇宙人をモチーフにしたユニークなインテリアコレクションや、デコラティブな植物インスタレーション、異国の地の24時間の移り変わりを投影し続ける窓、デニムが発する音を聴く体験などバラエティに富んだ作品をお楽しみいただけます。
[画像3: リンク ]



[表3: リンク ]


世界的に活躍する2名のイタリア人デザイナーが、大阪で開催される本イベント向けに、インスタレーションを新規制作。大阪の街にインスパイアされてできた「妖怪」と日本におけるおもてなしの場所である「床の間」をテーマに制作されたオリジナル作品を大丸心斎橋店本館1階のショーウィンドウで発表します。
[画像4: リンク ]


Elena Salmistraro ミラノを拠点に活動。細部へのこだわり、かたちの調和と詩的な表現で、アートとデザインを融合するスタイルが特徴的。表現方法の探求、人々の感情に訴えかける作品の数々は、国際的な展示会に多く出展され、2017年にはミラノサローネ・アワードの最高賞を受賞。同年からイタリア外務省のイタリアデザインアンバサダーとして活動。

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]


Matteo Cibic イタリアのアーティスト、デザイナー。擬人化された愉快な作品で有名。様々なブランドやコレクター、およびテクノロジー企業から、小さな工場の職人まで幅広い方々とコラボレーションしながら活動している。作品は世界中の美術館、施設、ギャラリー等で展示され、 受賞歴も多数。2017年には、ELLE DÉCORインターナショナル デザイン アワードで、「ヤング・デザイナー・タレント」に選出。


[画像7: リンク ]


■Fuorisalone 2019 JAPAN SELECTION

[画像8: リンク ]

今年4月にイタリア・ミラノで開催された「フォーリサローネ」で発表された日本ブランドの作品が、大阪に凱旋します。
大丸心斎橋店の5階には、世界中で人気を博する日本のマスキングテープブランドmtの特別展示を実施します。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]