logo

動画上の情報をジェスチャー操作する新インタラクティブ動画サービス初公開。パロニム(株)とH2L(株)がCEATEC合同出展。

H2L 2019年10月12日 06時15分
From PR TIMES

YoutubeやVimeoなどの動画上の情報をジェスチャー操作する次世代型動画サービス初公開。パロニムとH2Lが最新の技術を合わせた新インタラクティブ動画サービスをCEATECにて合同出展。パロニムの次世代動画テクノロジー「TIG(ティグ)」をアームバンド型コントローラ「FirstVR」で操作。



[画像1: リンク ]


2019年10月15日(火)より幕張メッセにて開催される「CEATEC2019」にて、H2L株式会社のアームバンド型コントローラ「FirstVR」とパロニム株式会社の次世代型動画テクノロジー「TIG」をコラボレーション展示。動画を再生しながらジェスチャーで動画内の情報をストック&アクセスできます。操作の様子は、映画のマイノリティリポートを思わせる様です。
・TIG ×FirstVR 動画はこちら
[動画: リンク ]




【TIGとFirstVRのコラボレーションでできる新インタラクティブ動画サービス】
動画上の気になる情報をさわるだけでストックし、さらに詳細ページへのアクセスを可能としたTIGの技術は、主にスマートフォンやタブレットで展開されてきましたが、大型ディスプレイでのサービスの提供に向けて、遠隔でも手元にあるディスプレイと同じように操作ができる操作方法が求められました。
そこでFirstVRコントローラを使うことで、腕にコントローラを着けるだけでフリーハンドに、自由に遠隔でのディスプレイ操作を行うことができます。画面をタッチしているかのように大型ディスプレイを操作できるため、個人利用の他にも、デジタルサイネージへの導入も考えられます。
[画像2: リンク ]

●コラボレーションポイント
・最新の触感伝達の技術と、次世代動画テクノロジーによって直感的に動作操作と情報操作が可能に
・ジェスチャー動画を操作する新たなインタラクティブ操作
・検索不要、気になった情報を手の動きですぐにストック&アクセスできる情報アクセスサービス


【次世代型動画テクノロジー「TIG」と「FirstVR」について】

次世代動画テクノロジー「TIG」は、動画視聴中に気になった箇所を「さわる」だけで情報 がストックされ、検索する手間をかけずにすぐに情報へとアクセスを可能としたサービスです。 主にスマートフォンやタブレットでの視聴をメインとしており、その他、サイネージ等でもご使用いただくことが可能です。「TIG」は2018年3月のサービスイン以降、通信キャリア、アパレル、テレビ局や、地方自治体、大学機関など、分野の垣根を超え、様々な企業・団体様にご活用いただいていますが、今後は教育やシニアマーケットなど、幅広い分野での普及を目指します。
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]


アームバンド型コントローラ「FirstVR」(ファーストブイアール)には、筋肉の膨らみを検出することで、手指の動きを読み取る「光学式筋変位センサ」が14チャンネル搭載されています。また、装着した場所の位置を計測する加速度ジャイロセンサも搭載されています。
このセンサ技術により、FirstVRコントローラを腕に着けるだけでバーチャルの世界や、ロボットを手の動きでコントロールすることが可能です。
[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]


【CEATECでの展示情報】
CEATEC2019ではH2Lとパロニムの2社合同出展として、東京都ビジネスフロンティア パビリオンブースにて出展しております。

■出展エリア: トータルソリューション
■ホール:ホール6 ■コマ番号: A009

また、当日はブース内プレゼンスペースにて30分ほどのプレゼンテーションを行います。
「アームバンド型コントローラ”FirstVR”と次世代動画テクノロジー”TIG”をあわせた新インタラクティブ動画サービス」 ■日程: 16日(水) 13:00~13:30, 17日(木) 13:45~14:15 ■場所: 東京都ビジネスフロンティア パビリオンブース


[画像7: リンク ]


【2社について】
「2018年世界発信コンペティション」の製品 部門にて大賞を受賞した H2L と優秀賞を受賞 したパロニム。世界初の技術で仮想空間と体を繋げるBodySharing製品と、さわるだけで情報をストックし、さらに詳細ページへのアクセスを可能とした動画テクノロジーとのコラボレーションが情報取得の可能性を今以上に広げると確信し、今回実現となりました。
[画像8: リンク ]


【パロニム株式会社】
リンク
パロニム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:小林 道生)は、自社で企画・開発した次世代動画テクノロジー「TIG(ティグ)」を2018年3月にサービスインいたしました。動画内の気になる対象物にさわるだけで情報をストックし、詳細ページへの遷移を可能としたサービスは、新たな動画テクノロジーとして、様々な企業・団体様にご活用いただいております。
今後も、ECや音楽、観光、さらには、教育やシニアマーケットまで、幅広い分野での普及を目指し、これまでにない「五感」と「直感」をつなぐ技術・サービスとして、誰もが平等に便利に楽しめる未来を創造してまいります。

[H2L関連ニュース]
H2Lとドコモ、「BodySharing技術」と5Gを活用した新サービスの創出に向け連携
H2LのBodySharing技術とロボットアームを連携させた“BodySharing Robotics”を開始。法人向けSDKを提供開始。

[FirstVR公式ウェブサイト]
リンク

[FirstVR 開発者用ウェブサイト(SDK公開中)]
リンク

[お問い合わせ先]
・このプレスリリースの内容についてのお問い合わせ先
info@h2l.jp

[H2L株式会社について]
2012年7月設立。米TIME誌「未来を変える50の発明2011年」に選出された発明、PossessedHand(R) と、触感型ゲームコントローラUnlimitedHand(R)、スマ ートフォンで気軽にジェスチャ付きVR 体験ができるFirstVR(R) を主な製品として、遠隔地に触覚を伝える技術の研究開発を行っています。H2Lは、手の動作を検出する技術と、多電極の電気刺激を腕に与えて触感を伝える2つの技術の研究開発を積み重ねています。
会社情報: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]