logo

〈おねがい台風!何事もなく去って!〉異例の書店ツイートも/「十二国記」18年ぶりの長編、明日発売!!/第1巻の初版部数は「新潮文庫史上最高」50万部に!



2002年にはNHKでアニメ化もされた作家・小野不由美さんの代表作「十二国記」シリーズ。その18年ぶりとなる新作長編『白銀の墟 玄の月(しろがねのおか くろのつき)』全4巻の第1巻、第2巻が、いよいよ明日10月12日、全国一斉発売される。4月19日に公式ツイッターで「10月、11月に2巻ずつ発売」と告知されるや、わずか30分で「1万RT」を突破、最終的には「6万」を超えるRT、いいね!を記録し、このシリーズの人気ぶりが浮き彫りになったが、新作への期待はその後も高まるばかりだった。アマゾンの9月月間書籍ランキングでは、発売前にもかかわらず第1巻、第2巻が1位、2位を独占。「文学・評論」ジャンルに限れば、11月9日発売の第3巻、第4巻も含めた全4冊が、ここ何週間にも亘って第1位から第4位までを独占し続けているのだ。

そんな状況を受けて、第1巻の初版部数は50万部に決定。これは、「新潮文庫史上最高」の初版部数である。そして、今回の新作刊行によって、シリーズ累計部数も「1000万部」の大台を突破することになった(講談社刊行分を含む)。

発売にさきがけて、9月27日から紀伊國屋書店新宿本店で開催中の〈「十二国記」の世界〉展にも初日から大勢のファンが駆けつけ、一時は100人以上の入場待ちの列ができる人気ぶり。発売日の明日12日、都内の山下書店(大塚)はじめ24時間営業の書店では、満を持して午前0時から新作が販売される予定だ。さらに12日早朝からは、東京メトロ丸の内線・新宿駅のメトロプロムナードに、「十二国記」を彩る山田章博氏の人気イラストが特大サイズの柱巻広告として登場(10月18日まで)。第3巻、第4巻の表紙イラストがここで「初披露」されるほか、柱巻広告中のQRコードを読み取ると「新作PV」の限定版にもアクセスできる。

「十二国記有休を取ります」。ツイッターでそんな言葉が交わされるように、18年待ちつづけたファンは、発売のこの日を待ち焦がれてきたのだが……まさに発売日に合わせたかのように、大型の台風19号が接近中。〈おねがい台風!何事もなく去って!〉(岡本書店恵庭店)というツイートの一方で、〈皆様、そして書店員の方、配達員の方、十二国記に関わる方々、どうか無理をなさらないでください〉〈あなた方がいるから私たちは十二国記を手にできます〉(ツイッターより)と関係者を気遣うファンも少なくない。「十二国記」公式アカウントも〈本は逃げません。安全を第一にお考えください〉と呼びかけている。

待った分だけ、愉しみも大きくなる?

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

【「十二国記」シリーズとは】
1991年に『魔性の子』(新潮文庫)刊行で始まったこのシリーズは、我々の棲む世界とも繋がる異界〈十二国〉を舞台とした壮大なファンタジー。そして同時に、多くの謎に満ちたミステリでもある。
かの世界では、天意を受けた霊獣「麒麟」が王を選び、王と共に国を治める。十二国の一つ・戴国では、武人の驍宗が王として選ばれたが、玉座に就いて半年、州の争いを鎮圧に出掛けたまま還らない。そして、麒麟・泰麒も忽然と姿を消した。王不在で荒廃する国を救うため、女将軍が各国に協力を仰ぎ、ようやく泰麒が戴国に戻り、いよいよ王の行方を捜すのだが……果たして、この国の運命は?

リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]