logo

【出張シェフサービス「シェアダイン」】台風19号接近に伴う臨時休業のお知らせ

株式会社シェアダイン 2019年10月11日 19時05分
From PR TIMES

ライフラインの遮断に備え、シェアダインシェフ考案の「災害食レシピ」公開

ホームシェフのサブスクサービス「シェアダイン」は、ユーザー様と出張シェフの安全確保のため、10月12日(土)を臨時休業といたします。
また台風に伴うライフラインの遮断に備え、シェアダインシェフが考案した「災害食レシピ」を公開いたします。



今週末にかけて台風19号の日本接近により大雨や強風が予想され、電車などの交通機関が乱れることが予想されています。
このためシェアダインでは、12日を臨時休業とし、シェフの方々に、状況によってキャンセルまたは日程変更をお願いするように呼びかけをしております。
10月12日、13日の台風接近を理由としたキャンセルにつきましては、キャンセル料は頂戴しません。

また今回の大型台風は、ライフラインの遮断も予想されます。
シェアダインでは、水道やガスといったインフラが止まった場合を想定し、 ポリ袋を使って、備蓄用の少量の水とカセットコンロのみで調理することができる災害食レシピを公開いたします。
食材は、乾物など日本の伝統食材、 穀物、 味噌などの発酵食、 缶詰を使用します。
[画像1: リンク ]


レシピ考案シェフsayuriさんコメント
「災害時には、日本の伝統食材を非常食として役立てることができます。万が一の場合には、少量の水とカセットコンロ、ポリ袋を使ったこれらのレシピが、ご家族の食事を用意する助けとなれば幸いです」



缶詰レシピの新定番!さば味噌炊き込みご飯


[画像2: リンク ]


・米 60g
・水 90cc
・鯖味噌缶 1/2缶
・醤油 小さじ1
・みりん 小さじ1
・しょうが 1片(細切り)

作り方
お米をポリ袋に入れ、30分吸水する。
そのほかの材料を全て袋に入れる。ポリ袋内に空気が入らないようにねじって上のほうで結ぶ。
沸騰したお湯の中にいれて、30分中火で加熱。
30分加熱後に10分くらい蒸らすとふっくらします。
最後に細切りにした生姜を散らす。


焼鳥缶で!?鶏肉のホロホロ玉子豆腐


[画像3: リンク ]


・卵 1個
・やきとり缶 1缶の1/2
・乾燥ひじき 小さじ1
・水 50cc
・醤油 小さじ1

作り方
材料をすべて袋に入れる。
卵を潰すように、袋の上から手でもみほぐす。
ポリ袋内に空気が入らないようにねじって上のほうで結ぶ。
沸騰したお湯の中にいれて、30分中火で加熱。



家にある乾物を使って!切り干し大根と高野豆腐のほっこりお味噌汁



[画像4: リンク ]


・水 200cc
・味噌 小さじ1と1/2
・切り干し大根 5g
・高野豆腐 小2~3個
・顆粒出汁 小さじ1/2
・干し椎茸 1個(水で戻してから細切り)

作り方
干し椎茸は水で戻し、細切りにする。
材料をすべて袋に入れる。
ポリ袋内に空気が入らないようにねじって上のほうで結ぶ。
沸騰したお湯の中にいれて、30分中火で加熱。


★ポイント★

・半透明で高密度ポリエチレンの袋を使います。(100円均一で購入できます。大きさは中がベストです。(35cm×25cm)透明の袋や高密度ポリエチレン以外のものだと溶ける可能性があります。

・ポリ袋料理を加熱するときに鍋の底に薄手のタオルやダスターを引いて、その上に皿を置くことでポリ袋に直接熱源が当たらないので良いです。皿は無地のものがおすすめ。

・ポリ袋の口を結ぶときに空気が入ると破裂の危険がありますので、空気をしっかり抜き、余った袋の部分はねじって上のほうでしっかり結ぶこと。

・加熱時にポリ袋の結び目が外に出るとコンロの火が燃え移ることがあるので注意。

・ガスボンベは強火加熱でだいたい1時間くらい持ちます。


<シェアダインサービス概要>

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]


URL:リンク
シェアダインとは ホームシェフのサブスクリプションサービス。離乳食から生活習慣病まで、家庭料理をパーソナライズ。 1回3時間で栄養士・調理師などの資格を持った食の専門家が、献立の提案、食材の買い出しから料理まで 行う。
利用料金:月2回1万3600円~(税抜き)+食材費
Facebook:@corp.sharedine
Twitter:@SharedineO
instagram:@sharedine_official


★メディア掲載実績


NHK『あさイチ』2019年10月3日「注目のシェアリングサービス」
日本テレビ『ズームイン!!サタデー』2019年9月28日「注目!食のサブスク特集」
テレビ東京『よじごじDays』2019年8月15日「驚きの最新宅配サービス プロのシェフが作るつくりおき料理」
テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』2019年7月30日「生活に役立つ 今注目のサブスクとは?」
『読売新聞』2019年7月6日「プロの味 『出張料理』で堪能 離乳食、企業のランチ... 好評」
『LEE web』2019年5月28日「おうちの食中毒対策、大丈夫?実は「梅雨前」が一番危険な理由って?【シェア ダイン料理講座レポ!前編】
『プレジデントウーマン』2019年4月22日「食事作りの悩みが思わぬビジネスに 時短育児で見えてきた『起業の 手がかり』」
『日経新聞電子版』2019年4月22日「働くママ3.0」特集(1)「食卓、このままでいいのか」
『厚生労働』2019年4月号【特集】人生と仕事への活かし方「考え方も働き方も変わった! 私にとってプラスの 経験でした」
『TechCrunch Japan』2019年3月21日「月額1万2000円+食材費で約32食ぶんを「つくおき」、出張料理サ ブスクの詳細」
『VERY』2019年4月号「女性が働く時代でも、日々の食卓を豊かにし子供達に家庭料理を伝えていく そして 『一世代先の食卓』を共に創る!」
『産経新聞』2019年1月1日「プロ料理家が出張調理 家庭でお魚食育」
『週刊東洋経済』2018年7月14日号【特集】「ビジネスヒントはここにある! すごいベンチャー100 身近な問題 を“シェア”して解決」
『日経ビジネスオンライン』2018年6月21日【特集】消費の担い手「パワー共働き」をつかまえろ「夫婦共フルタイムワーカー」増加中
『日経産業新聞/日経新聞電子版』 2018年6月8日「料理人が出張、作り置き 悩むママの食卓を救う」


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]