logo

4K対応 高品質なビデオ映像配信に最適なHDMI HDBaseTレシーバーを新発売!ATENジャパン株式会社

オーディオ・ディエンベデッド機能搭載!HDMI&HDCP2.2準拠で非圧縮HDMI信号も安定した伝送を実現

ATENジャパン株式会社は2019年10月17日に新製品を発売いたします。



本製品はオーディオ・ディエンベデッド機能対応のHDMI HDBaseTレシーバーです。HDBaseTテクノロジーを搭載しCat 5e/6/6aケーブルを使用した場合、4K解像度のHDMI信号を最大100m延長可能。HDBaseTロングリーチモードを有効にすると、1080p解像度のHDMI信号を最大150m延長します。

本製品に搭載されているオーディオ・ディエンベデッド機能は、HDMI信号からオーディオ信号を抽出し、同軸S/PDIFもしくはステレオオーディオに変換した上でディスプレイとは別のオーディオシステムに出力が可能です。また、HDMI(3D、Deep Color、4K)およびHDCP 2.2に準拠しているため、高品質な非圧縮HDMI信号を安定して伝送できるのが特長です。
[画像1: リンク ]


◆詳細情報はATEN HP製品ページをご覧ください!
製品URL: リンク
製品名:HDMI HDBaseTレシーバー(4K、オーディオ・ディエンベデッド対応)
製品型番:VE2812R

◆製品に関するお問合せ先
ATENジャパン株式会社 営業部
【電話番号】 03-3255-5810
【Email】sales@atenjapan.jp
【問合せフォーム】リンク
[画像2: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]