logo

セントレアの”遊べる飛行機テーマパーク”FLIGHT OF DREAMS開業1周年を記念して社長会見を開催

中部国際空港株式会社 2019年10月10日 15時00分
From PR TIMES

10月12日(土)~11月10日(日)の1ヶ月間は開業1周年特別イベンを開催



[画像1: リンク ]

 中部国際空港株式会社(所在地:愛知県常滑市、代表取締役社長:犬塚力)は、ボーイング787初号機の展示をメインとした複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)」が2019年10月12日(土)に開業1周年を迎えるにあたり、10月10日(木)に社長会見を実施しました。


[画像2: リンク ]

 会見では、中部国際空港株式会社代表取締役社長の犬塚力が開業からの1年間の振り返りFLIGHT OF DREAMSが今後目指す方向性や、10月12日から始まる開業1周年のイベントなどを紹介しました。

[画像3: リンク ]

 また、会見にはボーイング ジャパンのウィル・シェイファー社長がゲストとして登場し、スピーチしました。

[画像4: リンク ]

 FLIGHT OF DREAMSは累計来館者数(*注)が年間目標の150万人を達成し、2019年10月9日(水)には160万人に到達したことが発表されました。
*注:来館者数は、フライトパーク(有料)入場者数を含みます。
[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

 FLIGHT OF DREAMSでは開業1周年を記念して、 2019年10月12日(土)から11月10日(日)の間、様々な1周年記念イベントを開催します。

[画像7: リンク ]

 1階フライトパークの人気コンテンツ「エアラインスタジオ」では、新たに「整備士のお仕事体験」が加わり、日本航空の整備士そっくりの制服を着て、飛行機のメンテナンスなど様々なお仕事を楽しみながら学べます。また、人気のフライトシミュレーターでは、「787シミュレーター」に加えて「ドリームリフター」のシミュレーターが新たに加わります。ドリームリフターは日本ではセントレアでしか見ることができない、ボーイング787の部品をアメリカへ運ぶ大型貨物輸送機です。※体験には事前予約が必要です。

[画像8: リンク ]

 新たなプログラムなど1周年特別イベントについて、詳しくはオフィシャルWEBサイトをご確認ください。

[画像9: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]