logo

新潟発 “食の観光案内所” ー 食を通じて地域と人を結ぶ新業態の飲食店が、JR新潟駅構内にオープン

有限会社 寿々瀧 2019年10月10日 11時00分
From PR TIMES

10年後、新潟を「美食の街」として輝かせるための、出発点としての店舗。

2019年10月15日(火)、JR新潟駅構内CoCoLo新潟西N+に「TABI BAR & CAFE from SUZUVEL」がオープンいたします。
コンセプトは“食の観光案内所”。
「食」をキーワードに新潟県内の魅力を集約、「人と人を繋いで、伝えて、未来へ紡ぐ」ことに特化した飲食店です。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

【新しい「食の観光案内所」】
民間が運営する、食を軸とした観光案内所。「TABI BAR & CAFE from SUZUVEL」は、飲食店としての機能だけでなく、そんな新しいスポットとしての空間を提供いたします。
新潟の食材を使用した食事や日本酒を楽しめるだけでなく、TABI BAR セレクトの県内の食に関する様々な情報を集めた「おいしいパスポート」の作成(製作中)や「新潟の食文化」をキーワードとした観光ツアーの企画も実施。
また、ゲストハウスのチェックイン機能の導入を予定しており、地元の方だけでなく、観光で新潟にいらした方々にとっても、便利で、どこかワクワクする場所に育てていきます。


【 発酵 CAFE & BAR 】

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

提供するメニューは「発酵」を軸に考案。新しい新潟の食の魅力を独自の視点で表現します。
麹・日本酒・雪室・・・新潟には様々な発酵文化が根付いています。
世界的にも注目されている「発酵」の魅力と新潟の食文化を、フードとドリンクの両方でお楽しみいただけます。
希少価値の高い日本酒やクラフトビールなどのアルコールもご用意。
時には県内の企業や農家さん、地域と連携・開発したメニューを提供するなど、イベントを定期的に開催することで、地元の方々にとっても新潟の魅力を再発見できるような場所としての役割も担っています。


有限会社 寿々瀧(SUZUgroup)
公式HP:リンク
[画像5: リンク ]

新潟県内に6店舗のレストラン・居酒屋・グロサリーストアを運営、自社加工品の製造・販売も行う。
全ての店舗に共通するのは「地場産の食材を使用し、手作りで調理し提供する」こと。契約農家から仕入れる野菜を中心に、新潟ならではの食材や郷土料理を現代風にアレンジして提供するなど、新潟のFOOD(食・風土)を伝えることを理念とした会社。
オーナーシェフの鈴木将は新潟県長岡市出身。野菜ソムリエ・マクロビフードコンシェルジュ資格を持ち、県内の減農薬・無農薬で栽培を行う農家さんの元を訪ね、仕入れを行なう。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]