logo

デザイン&アートのフェスティバル 「DESIGNART TOKYO 2019」10/18(金)~27(日)、ワールド北青山ビルをメイン会場に 

株式会社 ワールド 2019年10月10日 10時00分
From PR TIMES

路面店では「タケオキクチ」と「アンビルト タケオキクチ」が参画



株式会社ワールドは、10月18日(金)から27日(日)までの10日間、ワールド北青山ビル(東京都港区北青山3-5-10)において、東京の主要11エリアで繰り広げられるデザイン&アートの祭典「DESIGNART TOKYO (デザイナート・トーキョー) 2019」のオフィシャルエキシビションとして「DESIGNART FEATURE」を開催します。また、ワールドグループからは、メンズブランド「タケオキクチ」と「アンビルト タケオキクチ」が参画し、それぞれの路面店からアートを発信します。
開催初日となる18日(金)には、「DESIGNART TOKYO 2019」のメイン会場となる、ワールド北青山ビルで開会式、およびオープニングパーティーが行われます。

今年の「DESIGNART TOKYO」のメインテーマである「1% for Art」は、クリエイティブ産業の活性化に向けて、公共建築の建設費の1%を、その建築物に関連・付随する芸術・アートのために支出しようという運動です。期間中は、ワールド北青山ビルの1Fエントランスに、香港を拠点にワールドワイドで活動するキュレーションチーム Design Pier(デザイン ピア)のキュレーションのもと、日本をはじめ、香港、タイ、インドネシア、パキスタンなどから18名のデザイナーの作品が集結。多様な文化や表現を鑑賞できる展示を通して、暮らしに彩りや刺激を与えるパブリックアートのある未来を感じて頂き、「1% for Art」の考えを広げるきっかけを問いかけていきます。
ワールドグループは、北青山ビルを起点に、多くの人々が参画し、つながりあい、共感できるコミュニケーション文化を共に創り上げる取り組みを進めています。今夏には“クリエーターズサポートプログラム”として、当社の様々なプラットフォームを開放して、次世代のクリエーターやデザイナーがチャレンジ出来る機会と場所を提供する取り組みも開始しました。今年で3回目の開催となる「DESIGNART TOKYO」においても、ワールド北青山ビルを会場に、芸術や文化が創造・発展していくことを期待しています。

【ワールド北青山ビルでの開催概要】
DESIGNART FEATURE 「1 % for Art (1パーセント フォー・アート)」
~「1 % for Art」をテーマに、アジア各国のクリエーター作品を展示~


会期・時間 2019年10月18日(金)~10月27日(日) 平日:10:00~18:00  金・土・日・祝 10:00~19:00 ※入場無料
会場:ワールド北青山ビル (東京都港区北青山3-5-10)
協力:公益財団法人 日本交通文化協会


[画像1: リンク ]

【「タケオキクチ」での開催概要】 リンク


作品名:fRAum at TAKEO KIKUCHI (フラウムat タケオキクチ)
会期・時間:2019年10月18日(金)~10月27日(日) 11:00~20:00 ※期間中は通常営業とは異なります。
会場:「タケオキクチ」渋谷明治通り本店(渋谷区神宮前6-25-10)


国内外で注目を集める、アートカリグラファーのヨウコ フラクチュールと、空間デザイナーでアートディレクターの雲野一鮮氏によるデザインユニットfRAum(フラウム)リンク の作品を展示します。
作品は、fRAum(フラウム)のコンセプトのひとつである「手仕事×先端技術」を、日本の伝統的な「京都西陣織」の新しい素材を用いて「文字を纏う」をテーマに構築しています。金属線織物というステンレスワイヤーの糸で編み込んだ織物で、化学反応により染色する等の先端技術を用いた、西陣織の中でも唯一の技術で、そこに、fRAum(フラウム)の言葉のアートカリグラフィーを綴りました。光に反射する金属線織物の美しさは、金属の重厚感や高級感を持ちながらも、透け感による軽やかさを感じられます。更にシワ加工による光の乱反射でより輝きを放ち、文字や言葉の持つ意味と共に光り輝きます。インテリアデザインを手掛ける「デザイン橡(とち)」による希少性の高い高級素材が、fRAum(フラウム)の世界観によって、文字の本質と可能性を広げます。

[画像2: リンク ]

【「アンビルト タケオキクチ」での開催概要】 リンク


作品名:かみのいし
会期・時間:2019年10月18日(金)~10月27日(日) 11:00~20:00
会場:「アンビルト タケオキクチ」渋谷(東京都渋谷区渋谷3-28-15)


“自分にフィットする無駄のないスマートな生活”をコンセプトに、次世代のビジネスマンにカスタムオーダーを提案する「アンビルト タケオキクチ」は、オープンから間もなく1周年を迎えるにあたり、「デザイナート」に初参加します。会場内には建築家*中山英之氏と建築家・美術家 砂山太一氏が、“かみのいし”として、石のテクスチャを紙に印刷して組み上げたプロダクトを展示。また、中山英之氏が手掛けた「アンビルト タケオキクチ」渋谷店の設計構想時の模型やスケッチも展示します。
*中山英之氏は今シーズンの「アンビルト タケオキクチ」のモデルとしても登場しています。

[画像3: リンク ]

DESIGNARTについて  リンク
(デザイナート)とは、デザインとアートを横断する、感動を与えてくれるモノやコトを新たに定義した言葉で、その素晴らしさを発信、共有していくための活動そのものの名前です。“Emotions~感動の入り口~”をコンセプトに、世界中の感動をもたらしてくれるデザイン&アートなモノ・コトを提供していきます。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]