logo

トリプラ、初の台湾展開「グランドメイフルホテル台北(台北美福大飯店)」にて「triplaチャットボット」を導入

トリプラ 2019年10月09日 16時35分
From PR TIMES

 旅行業界向けIT・AIサービスを展開するtripla株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役CEO 高橋 和久、代表取締役CTO 鳥生 格、以下「トリプラ」)は、2019年10月9日より、トリプラが開発・提供する多言語AIサービス「triplaチャットボット」を、台湾の「グランドメイフルホテル台北(台北美福大飯店)」に導入します。本件はトリプラにとって、韓国とグアムに続き3ヶ国目となる海外宿泊施設への導入となります。



[画像: リンク ]

左:「グランドメイフルホテル台北(台北美福大飯店)」外観
右:左からIT Manager*、トリプラCEO高橋およびトリプラ営業Zhan、Room Sales Director*、Marketing&Communication Director*
*グランドメイフルホテル台北(台北美福大飯店)


 トリプラにとって台湾における初の導入先となる「グランドメイフルホテル台北(台北美福大飯店)」は、世界トップレベルの施設やサービスを提供するラグジュアリーホテルに与えられる「ワールドラグジュアリーホテルアワード」を、2016年オープンながら2年連続受賞(2016年度・2017年度)したラグジュアリーホテルです。フロントスタッフは対面による接客に集中しながらも、ホテルの公式ホームページを見て各国から寄せられる電話やメールでの数多くの問合せに迅速に対応するため、多言語AIサービス「triplaチャットボット」を導入いただきます。
 「triplaチャットボット」は、宿泊施設に寄せられる問合せに対して多言語AIがチャット回答を行うサービスで、お客様は「グランドメイフルホテル台北(台北美福大飯店)」の公式ホームページ上にて24時間いつでもお好きな時間に、日本語・英語・韓国語・中国繁体字・中国簡体字の五言語で宿泊前の疑問を解消することができます。
 トリプラは、「triplaチャットボット」の導入により、フロントスタッフの電話やメールへの対応工数を大幅に削減し、業務効率化に貢献するとともに、「グランドメイフルホテル台北(台北美福大飯店)」とお客様の宿泊前の円滑なコミュニケーションをサポートします。

 トリプラは、今後も、宿泊施設の業務効率化と顧客満足度向上への貢献に努めるとともに、旅行業界全体の課題解決に貢献するマーケットイン型のIT・AIサービスの導入を進め、旅行業界に新たな価値を創造します。


【グランドメイフルホテル台北(台北美福大飯店) 概要】
ホテル所在地 :台北市中山區樂群二路55號
ホテル開業日 :2016年4月2日
URL :リンク

【tripla株式会社 概要】
本社所在地 :東京都中央区新川1-22-13 新川I&Lビル6階
会社設立 :2015年4月15日
代表取締役CEO :高橋 和久
代表取締役CTO :鳥生 格
URL :リンク

【triplaチャットボット 概要】
宿泊施設の公式ホームページ上でお客様からの問い合わせへの対応と同時に宿泊予約の完了が可能となる多言語AIサービスで、2017年のリリース以降、既に日本国内500以上の施設に導入されています。従来、フロントスタッフが電話やメールで対応していたお客様からの問い合わせに代理で対応することで大幅な業務削減に貢献しています。業界唯一である、有人オペレーターによるサポート体制も高い評価を得ています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]