logo

Oeshiki Project ツアーパフォーマンス《BEAT》。トランスナショナルなパフォーマーとのツアーパフォーマンスの流れを公開

東アジア文化都市2019豊島実行委員会事務局 2019年10月09日 12時55分
From PR TIMES

【東アジア文化都市2019豊島 舞台芸術部門】

雑司が谷御会式で発展(development)と伝統(tradition)が出会う。
10/16(水)・17(木)・18(金)ツアーパフォーマンス『BEAT』ただいまチケット絶賛発売中!!



[画像1: リンク ]



池袋駅の南東に位置する「雑司が谷鬼子母神」。インド伝来の安産・子安の神として知られるこの名刹では、10月16日(水)・17日(木)・18日(金)の3日間、江戸の昔から続く地域最大の行事「御会式万灯練供養」が催されます。《東アジア文化都市2019豊島》開催中の今年は、いつもの「御会式」に新たな視点を採り入れたツアー型パフォーマンス作品『BEAT』が同時に行われます。

トランスナショナルな市民パフォーマーと共に巡る、ツアーパフォーマンスの流れを公開!

スタート地点は西池袋公園。
参加者は受付で地図や手がかりを受け取ります。街中であなたを待っているのはトランスナショナルな(国境を越えて生きる)市民パフォーマーたち。
彼らと出会えたら、太鼓でセッション! そしてパフォーマーと参加者は協力して次の演奏会場を目指します。

多様な文化やルーツに触れ、アーティストの作曲したオリジナル太鼓曲を共に打ち鳴らしながら、大きな集団になっていきます。
100本の太鼓で池袋の街中を練り歩いた後、御会式の地元講社に合流します。最後に鬼子母神堂をお参りし、約3時間半のツアーを終えます。

[画像2: リンク ]


「鬼子母神」とはちょうど反対側となる池袋駅北西部は、中華料理店などが軒を連ね、近くの小学校は児童の3割が外国籍という国際色豊かなエリアです。対照的な駅の南東と北西を繋げ、「御会式」の場でひとつの音楽をつくること、一緒に歩くこと。
[画像3: リンク ]



[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

太鼓をモチーフにした『BEAT』は、国際アート・カルチャー都市「豊島区」の『発展(development)と伝統(tradition)』を感じさせる、一期一会の野外移動型演劇イベントです。万灯が照り、団扇太鼓や鉦の音が響き渡る、幻想的な秋の夜長の一大パフォーマンスに、あなたも参加してみませんか?ただいまツアーチケット絶賛発売中です!

[画像6: リンク ]

ツアーパフォーマンスの流れはこちら→ リンク

[表: リンク ]



[動画: リンク ]


東アジア文化都市とは
「東アジア文化都市」は、日中韓文化大臣会合での合意に基づき、日本・中国・韓国の3か国において、文化芸術による発展を目指す都市を選定し、その都市において、現代の芸術文化や伝統文化、また多彩な生活文化に関連する様々な文化芸術イベント等を実施するものです。これにより、東アジア域内の相互理解・連帯感の形成を促進するとともに、東アジアの多様な文化の国際発信力の強化を図ることを目指します。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]