logo

ファッションAIのニューロープ、第三者割当増資により1億円を調達 - 需要予測やトレンド分析のSaaS開発に先行投資する

株式会社ニューロープ 2019年10月09日 10時00分
From PR TIMES

引受先のディノス・セシール社とは協業し、新規サービスの開発と検証に取り組む

ファッションに特化した人工知能を企業向けにSaaS提供するスタートアップの株式会社ニューロープ(本社:東京都渋谷 代表取締役:酒井聡)は、大和企業投資 / ディノス・セシール / 中京テレビ / Reality Acceleratorを引受先とする第三者割当増資による1億円の調達を完了しました。
ディノス・セシール社とは協業し、需要予測やトレンド分析などの領域で仮説検証をスピーディに進め、業界の課題解決に取り組みます。



[画像1: リンク ]



アパレル廃棄問題は喫緊の課題
在庫が経営を圧迫する、いわゆる「デッドストック問題」は、長らく業界最大の課題の1つであり続けました。
ファッション業界において、商品が多様であること、時代性や消費者の気分を敏感に取り入れていくこと、あらゆるチャネルで提供していくことが、ビジネスモデルであり、消費者に提供する価値の源泉でもあり、デッドストック問題はその副作用のような存在だったからです。
ここ数年で、そのバランスは大きく崩れようとしています。消費者がエシカルを望み、アパレル廃棄に目を向けるようになったためです。
消費者に価値を届けるためにやってきたことが、ネガティブに見なされつつあるのです。


[画像2: リンク ]


売れない商品はつくらずに、売れる商品だけをつくる。
このような安易な取り組みは、ファッション業界から多様性と魅力を奪い、あらゆるブランドを毀損して、業界をつまらないものに貶めてしまうでしょう。
街中のショップにベーシックなアイテムばかりが並ぶ様子は、想像したくもありません。
私たちニューロープは、人とAIが有機的に手を結ぶことによって、売れる商品はしっかりと売りながら、売れにくい商品も適正量を作って必要とする人に届けて売り切り、ブランドが次のクリエイションを育むための原資を生み出せるものと考えています。
業界の価値を生かしたまま、課題を解決する。そのために今回調達した1億円を先行投資し、またディノス・セシール社との協業を通して検証を重ねて参ります。
[画像3: リンク ]


2014年から足掛け6年、ファッションテック一筋
ニューロープは2014年に『#CBK(カブキ)』をリリースしています。
提携しているインスタグラマー約350人のスナップが掲載されていて、ユーザーは気に入ったスナップがあれば似たアイテムを提携ECで購入できるという、メディアコマースです。
同年にマガジンサイト、翌年にiOSアプリをリリースしながら、インフルエンサーマーケティングによるアパレルブランドのプロモーションなどにも取り組みました。
[画像4: リンク ]


こういったコンシューマ向けのサービスを通して培ったデータを元に、2年以上の歳月をかけてAIを開発、2017年にリリースします。
以来、AIによるファッション画像検索、スタイリング提案、トレンド分析、需要予測といった様々なサービスを法人向けに提供してきました。
[画像5: リンク ]


ニューロープはもともとファッションドメインの知識に厚くはないITバックグラウンドのチームでしたが、この6年で様々なパートナー企業からお知恵を賜りながら、業界と一蓮托生で事業を展開していく覚悟を固めていくことができました。
これからも業界発展の一助となるべく、多岐にわたって奥行きのあるファッションのドメイン知識を深めながら、サービスと技術の研鑽に励んでまいります。
[画像6: リンク ]



投資家から寄せられる期待
今回から新たに株主として参画いただく投資家からは、下記のように期待のコメントをいただいています。

大和企業投資 - 仙石翔氏
[画像7: リンク ]



好きなタレントのファッションが気になって、似た服を探した経験はないでしょうか。今や、電車での移動中や自宅に居ながらにして、目的のアイテムを探すことができます。実際、アパレル業界のEC化率 は年々上昇しています。一方で消費者の購買行動は刻々と変化していて、ネットがリアルを全て置き換えるような単純なものではないでしょう。時間経過による購買心理の変化をいかに把握できるかが、ますます重要だと感じています。ニューロープは今後のアパレル業界を支えるスタートアップであると確信し、今回も出資させていただくことになりました。
ニューロープは、起業当初から運営してきたファッションメディアと、独自の画像解析技術のコラボレーションが非常にユニークです。アパレル業界に関わる方々へ提供できる価値は豊富にあります。前回の資金調達後もリーンな開発体制を継続し、導入社数は5倍近くに成長しています。
酒井代表がアパレル業界をより良くしたいと真剣に考え、同じビジョンのもと非常に多彩なメンバーが集まっていることもニューロープの魅力のひとつです。志を共にするみなさんのニューロープへのジョインをお待ちしています。


株式会社ディノス・セシール - CECO 石川森生氏
[画像8: リンク ]



ディノス・セシールではカタログ通販及びテレビ通販事業等を通じて築いてきた「資産」を、現代にアップデートさせるための、独自のデジタルトランスフォーメーションの形を模索しています。
こうした顧客価値を中心に据えた本当の意味でのデジタライズを進める上では、ニューロープのような先端スタートアップとの協業は当社にとって大きな刺激であり、 同社の技術とスピード、当社の購買データやビジネスインフラを密結合させ、両社の目的に最短で到達することを期待しています。


中京テレビ放送株式会社 - ビジネス推進局長 長谷川治彦氏
[画像9: リンク ]



中京テレビでは「テレビ局からの拡張」をスローガンに掲げ、スタートアップとの協業を進めています。
ニューロープには、独自の切り口によるファッションデータとマーケット開拓力に魅力を感じて出資させていただきました。
ニューロープのAI技術・知見とテレビ局のエンターテインメント性を掛け合わせることで、 ファッションの新しい楽しみ方の提供や、新たなビジネスドメインの開拓に挑戦していく所存です。


Reality Accelerator - 代表 郡裕一氏
[画像10: リンク ]



NEWROPEはReality Acceleratorの2社目の投資先となり今回改めてコミットするべく追加出資させていただきました。
当時SaaSをスタートしたばかりの頃から比べるとプロダクトも段違いに改良され継続利用頂いているお客様もかなり増えて来ました。「ファッションのAIならNEWROPE!」と言えるレベルに近づいてきています。
またこの1年でチームも強化されたのでこれからのさらなる成長を一緒に作っていければと思います。

また、今回参加の株主各社はニューロープに限らず、ファッションに関連する様々なスタートアップに投資をしています。
株主各社やその投資先と連携をしながら、より広範に渡る課題解決に寄与するサービスを生み出していくことを目指します。
[画像11: リンク ]

第三者割当増資の引受先一覧
大和ベンチャー1号投資事業有限責任組合 無限責任組合員 大和企業投資株式会社
株式会社ディノス・セシール
中京テレビ放送株式会社
Reality Accelerator1号投資事業有限責任組合 Reality Accelerator有限責任事業組合

関連URL
プレスキット: リンク
株式会社ニューロープ: リンク
#CBK(カブキ): リンク
#CBK scnnr: リンク
採用情報: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]