logo

攻撃を受ける可能性があるSMB(中小企業)のサイバーセキュリティに関する考えは集団心理に支配されている

バラクーダネットワークスジャパンはコラム「攻撃を受ける可能性があるSMB(中小企業)のサイバーセキュリティに関する考えは集団心理に支配されている」を公開しました。

###
SMBのサイバーセキュリティに関する考えは、かなり集団心理に支配されています。企業経営者は、リスクがあることは意識していますが、不運な従業員だけが攻撃を受け、他の従業員は攻撃を受けないと考える傾向があります。

YouGovがパスワード管理ツールのプロバイダであるKeeper Security向けに実施した調査からは、この集団心理がどれほど蔓延しているかがわかります。この調査は従業員が500人未満の企業を経営する509人の企業経営者を対象に実施した調査であり、その調査結果は今週、公表されました。回答したすべての企業の66%はサイバー攻撃を受ける可能性が低いと考えています。また、収益が100万~5億ドルの企業の62%はサイバー攻撃を受ける可能性が低いと考えています。驚くことに、収益が100万ドル未満の企業の73%はサイバー攻撃を受ける可能性が低いと考えています。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]