logo

11月3日(日・祝)は、横浜美術館コレクション展がどなたでも観覧無料!

公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団 2019年10月08日 20時25分
From PR TIMES

「文化の日」は横浜美術館30回目の開館記念日。



[画像1: リンク ]

横浜美術館は、1989年11月3日「文化の日」に開館し、2019年で開館 30 周年を迎えます。
横浜美術館では、これを記念し、2019年11月3日(日・祝)は、現在開催中の横浜美術館コレクション展「東西交流160年の諸相」を、どなたでも観覧無料でご覧いただけます。
11月1日(金)~11月4日(月・振休)は「バースデー・ウィークエンド」を開催中でイベントもたくさん。
この機会にぜひ、「芸術の秋」の一日を、横浜美術館でお過ごしください。


横浜美術館コレクション展 無料観覧日



2019年11月3日(日・祝) 10:00~18:00(最終入館は17:30)
※同時開催中の「オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」展の入場には別途料金がかかります(一般当日1,700円ほか)。「絵でたどるペリー来航」展は無料です。


[画像2: リンク ]


横浜美術館開館30周年記念/横浜開港 160 周年記念
横浜美術館コレクション展「東西交流160年の諸相」

本年開館 30 周年を迎える横浜美術館では、「横浜開港 160 周年記念」をテーマに、当館の作品収集の大きな柱でもある「東西交流」を再考します。

開港をテーマにした展覧会の多くは、幕末・明治期の洋風表現の受容と展開、あるいはこの時期に来日した画家、版画家、写真家の活動に主眼を置いてきましたが、今回は時代を限定せず、開港期から第二次世界大戦後にいたる長い時間の中で、どのような異文化の響き合いが実現したのかを、いくつかのトピックで紹介します。


[表: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]