logo

「獣害問題」の解決と事業化に向けて取り組みます!自然を身近に感じ考えるイベント『週末のジビエ』初開催

~生物の多様性を守り、人と自然が共生する社会づくりを推進します~

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野晃司)は、2019年11月2日(土)に、東京都江東区「WILD MAGIC」において、ジビエバーベキューイベント『週末のジビエ』を初開催します。



[画像1: リンク ]

当社では、SDGsの視点から、お客さまと社会に新しい価値を提供するため、社会課題から事業アイデアを実現していく制度“Odakyu Innovation Challenge climbers(クライマーズ)”を立ち上げ、新規事業の創出に取り組んでいます。そのプロジェクトの一つとして、“生物多様性の確保”や“自然と人の共生”に関する社会課題「獣害問題」を解決するためのビジネスの事業化を推進しています。野生鳥獣による森林被害、農業被害は全国的な問題で、当社沿線においても箱根エリアや丹沢エリア等で被害が報告されていることから、沿線をはじめとする各地における課題の解決につながる事業の創造を検討しています。

[画像2: リンク ]

本イベントは、「獣害問題」に対しての初めてのアクションで、北海道産エゾシカ肉や島根県産イノシシ肉をはじめとするジビエを食べて、その美味しさを味わうとともに、専門家によるジビエ肉や獣害問題に関する解説を通じて、ご参加いただく一人でも多くの方に「自然と人との関わりについて認識し、自分事として身近に、より深く感じていただくこと」を目的としています。参加費は7,500円(税込)、定員は先着100名で、ネットサービス「Peatix」から事前にお申し込みのうえ、ご参加いただけます。

当社では本イベントを皮切りに、今後も“生物多様性の確保”や“自然と人の共生”のためにさまざまな取り組みを継続的に検討、実施することで、本社会課題に対する関心を高めていくとともに、事業化に向けた市場調査やパートナーとの連携強化を図ってまいります。
自然を身近に感じることができるジビエバーベキューイベント『週末のジビエ』に、ぜひご参加ください。

ジビエバーベキューイベント『週末のジビエ』の詳細は下記のとおりです。



1 名称
週末のジビエ

2 開催日時 
2019年11月2日(土)11:00~13:00

3 開催場所 
「WILD MAGIC」
新交通ゆりかもめ『新豊洲駅』徒歩2分
リンク

4 参加費  
7,500円(1名あたり・税込)

5 定員
100名

6 内容
北海道産エゾシカ肉や島根県産イノシシ肉をはじめとするジビエを食べて、その美味しさを味わうとともに、(株)クイージ代表取締役 石崎 英治氏にご登壇いただき、ジビエ肉や獣害問題に関する解説をお聞きいただきます。
【登壇者略歴】
1978年生まれ。北海道大学大学院農学研究科で林学を修めるが、研究フィールドの天然林がひと冬でエゾシカに食いつくされたのを見て、研究対象を森林からシカに変える。国内狩猟肉の製造や卸売業を営むかたわらで、シカやイノシシなどの野生獣肉を<伝統肉>と再定義した「NPO法人伝統肉協会」理事長として、獣肉食文化の普及啓発にも尽力中。

7 応募方法 
Peatix内に設置する当イベントページから、専用フォームにてお申し込みいただきます。(応募は、10月8日(火) 16:00~)
URL リンク

8 協力
株式会社クイージ
URL リンク

以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]