logo

楽天とNBA、2019-20シーズンから全試合を新サービス「NBA Rakuten」で配信

- 各試合の配信に加え、公式スタッツなどのデータや最新ニュースを提供、ライブチャット機能も搭載 -

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)とNBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)は、日本時間10月23日(水)に開幕するNBAの 2019-20シーズンから全試合を、新サービス「NBA Rakuten」にて配信します(注1)。なお、楽天が動画配信サービス「Rakuten TV」にて提供していた「Rakuten NBA Special」やNBA関連コンテンツ、およびNBAが提供していた購読型サービス「NBA League Pass」は、本サービスに順次統合される予定です。



 「NBA Rakuten」は、NBA の各試合映像や関連動画コンテンツの視聴、チーム・選手のNBA公式スタッツなどのデータ、最新ニュースや独自の取材記事の閲覧、ファン同士で一緒に試合を楽しめるライブチャット機能などを備えた日本国内向けのNBA公式動画配信サービスです。各試合の映像は、ライブおよびビデオオンデマンドで配信され、スマートフォンアプリやブラウザ上で視聴できます。また、新たに搭載されたライブチャット機能により、試合中にファン同士でリアルタイムに語り合うこともできます。試合映像やデータ、ニュース、ライブチャットに加え、熱いNBA討論が繰り広げられるトーク番組「俺達のNBA」や、各試合のハイライトに加えて番組独自視点の徹底解説を行い、初心者からNBA通まで楽しんでいただけるデイリー番組「NBA情報局 DAILY9」などのオリジナルコンテンツも併せてご利用いただくことで、NBAをより多角的に楽しめます。

 ユーザーは、視聴形態に応じて「BASIC PASS」、「TEAM PASS」、「LEAGUE PASS」、「Single Game」(注2)の4 つのプランから選択し、購入することができます(注3)。本サービスでは現在、サービスの開始を記念して、全試合を視聴できる「LEAGUE PASS」の年額プラン料金19,800円(税込)を半額とするキャンペーンや、「NBA Rakuten」がセレクトした試合を週9試合以上、日本語解説付きで視聴できる「BASIC PASS」の月額プラン料金990円(税込)を初月無料とするキャンペーンを実施しています(注4)。

 楽天とNBAは2017年にパートナーシップ契約を締結し、日本国内におけるNBAの独占的な放映・配信パートナーおよびグローバルにおけるマーケティングパートナーとして、世界トップのバスケットボール・リーグであるNBAの魅力をあらゆる側面から日本のファンに届けてきました。両者は今後も、本サービスをはじめ、オンライン・オフラインにおける様々な取り組みを実施し、国内のNBAファンの裾野をさらに広げてまいります。

(注1)ご利用には、楽天会員への登録(無料)が必要です。
(注2)「Single Game」は、ブラウザ上で購入し、アプリで閲覧いただけます。アプリからの購入も対応を予定しています。
(注3)視聴可能な試合数、動画はプランによって異なります。詳細は特設ページをご覧ください。
なお、一部の動画、ニュース記事、公式スタッツなどは無料で閲覧することができます。
(注4)キャンペーンの詳細は、特設ページをご覧ください。


■「NBA Rakuten」概要
・特設ページ: リンク
・ブラウザ版: リンク
・専用スマートフォンアプリ:
(Google play)  リンク
(iOS)     リンク

Google play
[画像1: リンク ]

iOS
[画像2: リンク ]

※その他の視聴可能デバイスはこちら(リンク)をご覧ください。

■「NBA Rakuten」スマートフォンアプリ画面イメージ

ホーム画面
[画像3: リンク ]




試合配信画面
[画像4: リンク ]


ニュース
[画像5: リンク ]



スタッツ・データ
[画像6: リンク ]



ライブチャット
[画像7: リンク ]


以 上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]