logo

越境活動ごとの人材育成効果に顕著な差

NPO法人クロスフィールズ 2019年10月08日 15時45分
From PR TIMES

クロスフィールズとマクロミル、組織外の活動・経験に関する大規模調査を実施



NPO 法人クロスフィールズ(東京都品川区、代表理事:小沼大地)と株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表 執行役社長 グローバル CEO:スコット・アーンスト)の社会貢献活動「Goodmill(グッドミル)」は、越境活動 * の 効果に関する共同調査を実施しました。本調査では、越境活動の経験者約 1,800 人を含む約 4,000 人を対象に、14 種類の越境活動と、そのきっかけや取り組み時間によるスキル獲得・マインド変化・仕事の満足度などへの影響 を詳細に分析。経営者の期待と実際の人材育成効果とに大きなギャップがあること等が明らかになりました。 (越境活動 *:ビジネスパーソンが所属する組織の枠を越えて行う活動の総称)
本調査結果についての発表と合わせて、11/6( 水 ) に「越境活動を通じたリーダー育成のあり方」をテーマとしたイ ベントを開催します。リーダー育成に取り組む企業の人事の皆様や、このような活動に関心をお持ちのビジネス パーソンの皆様にとって有意義な機会となれば幸いです。
▷調査結果はこちら : 組織外の活動・経験に関する調査 → リンク


[画像1: リンク ]

越境活動は目的に合わせて選び、組み合わせる時代。「越境4.0」の幕開け
企業がイノベーションを生み出し、個人が成長を続けるために、所属組織を越えた活動に注目が集 まっています。越境活動が初めて注目されたのは 1980~90 年代の海外 MBA 全盛の時代です(越 境 1.0)。その後、プロボノ・ボランティア活動の活発化(越境 2.0)を経て、今では副業・兼業や 留職などさまざまな越境活動が盛んになっています(越境 3.0)。そんな中、今回の調査では越境活動の効果は、活動の種類と目的により大きく異なることが明らかになりました。越境 4.0 の時代は、単に越境すれば よいわけではなく、「どのようなリーダーを育成したいか」「どの要素を伸ばしたいか」によって最適な越境活動を見 極めて使い分ける時代に入ったと言えそうです。
(NPO 法人クロスフィールズ代表理事 小沼大地)

●イベントについて
「越境4.0時代のリーダー育成 ~意義ある越境活動の選び方・使い方~」
今回の調査結果を踏まえ、人材育成に携わる皆さまと越境活動を通じたリーダー育成のあり方を考えるイベントを開催 します。イノベーション研究の第一人者であり、越境活動にも造詣の深い早稲田大学ビジネススクール入山教授、「未来 の教室」事業を通じて様々な越境活動に関わる経済産業省教育産業室の柴田氏、企業の中で実際にさまざまな活動を通じたリーダー育成に取り組む PwC コンサルティング沖氏をお招きし、調査結果に基づいた幅広い議論を行います。


[画像2: リンク ]


◇日時:2019年11月6日(水)15:30-19:00(15:00開場、18:00-19:00懇親会)
◇場所:東京ミッドタウン日比谷 BASE Q HALL(千代田区有楽町1丁目1−2)
 アクセス リンク
◇プログラム:詳細 リンク 
 お申し込み リンク 
(1)オープニングトーク:「越境活動の変遷と今」(小沼大地)
(2)講演:「なぜ『越境人材』が今、必要とされているのか」 (入山章栄氏)
(3)調査結果の考察:「越境活動14種類、期待と効果の実態」(入山章栄氏、小沼大地)
(4)徹底議論:「越境4.0時代のリーダー育成」(入山章栄氏、柴田寛文氏、沖依子氏、小沼大地)
◇対象:経営者・経営幹部、企業人事、越境プログラムを提供する事業者、 人材育成関連の研究者、メディア・記者 (定員 100 名)
◇取材・イベント参加申し込み先:イベントをご取材または聴講いただける場合は、11/5(火)12:00まで所属・お名前を記載の上こちらにご連絡いただけたら幸いです。 pr@crossfields.jp 03-6417-4804

■マクロミルの社会貢献活動「Goodmill」とは
Goodmill とは、株式会社マクロミルが「リサーチで、世の中をもっと良くできる」という想いから、2018 年より推進している社会貢献活動です。「非営利活動組織のマーケティング・リサーチ技術支援」「災害発生時の多面的な支援活動」「社員発信の社会貢献活動」を活動の3 本の柱として、社会課題の解決などを支援しています。
URL: リンク

[画像3: リンク ]

【株式会社マクロミル】
マクロミルは、高品質・スピーディな市場調査を提供する、国内インターネット・マーケティング・リサーチのリーディング・カンパニーです。市場シェアNo.1※の豊富なリサーチ実績とノウハウをもとに、お客様のマーケティング課題解決に向けて最適なソリューションを提供しています。世界19 カ国、40 以上の拠点を展開しており、世界に誇れる実行力と、時代を変革するテクノロジーを統合し、唯一無二のグローバル・デジタル・リサーチ・カンパニーを目指します。

会社概要
・資本金:971 百万円(2019 年6 月末時点)
・代表者:代表執行役社長 グローバルCEO スコット・アーンスト
・本社:東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー 11F
・事業内容:マーケティングリサーチ事業
・売上高:44,279 百万円(2019 年6 月期)
・ウェブサイト:リンク
(※ オンライン・マーケティング・リサーチ市場シェア= マクロミル単体及び電通マクロミルインサイトのオンライン・マーケティングリサーチに係る売上高(2018 年12月末時点の12 ヶ月換算(LTM)数値÷ 日本マーケティング・リサーチ協会(JMRA)によって推計された日本のMR 業界市場規模・アドホック調査のうちインターネット調査分(2018 年度分))
(出典: 日本マーケティング・リサーチ協会(JMRA)2019 年7 月1 日付第44 回経営業務実態調査)


[画像4: リンク ]

【NPO法人クロスフィールズ】
本イベントを主催するNPO法人クロスフィールズは、国内外の社会課題の現場とビジネスパーソンをつなぐことで、社会課題解決とリーダー育成の両方を実現することを目指すです。社会課題解決の現場に企業の社員が飛び込み、現地のNPOや社会的企業とともに課題解決に取り組む新興国「留職」のほか、国内外の社会課題の現場を「体感」する経営幹部・役職者向けのプログラム「社会課題体感フィールドスタディ」を展開しています。リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]