logo

不動産情報サイト「ノムコム」 「居住中物件のVRホームステージング」を導入

野村不動産ホールディングス株式会社 2019年10月08日 14時35分
From PR TIMES

AIを活用したバーチャルリアリティ技術で居住中物件の空室を再現し、室内家具をコーディネートさらに、バーチャルリノベーションも導入予定

野村不動産アーバンネット株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:前田研一)は、本日、当社不動産情報サイト「ノムコム」に、新たな「VRホームステージング」を導入しましたので、お知らせいたします。



今回導入する「VRホームステージング」は、ナーブ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:多田英起)が提供する「VRホームステージング」がバージョンアップされたものです。

「ノムコム」では、物件見学を気軽に疑似体験できるように360度カメラで撮影した室内動画の公開を積極的に行ってまいりましたが、「居住中物件」を販売する場合、住んでいる方のプライバシーの関係や配置された家具の位置によって撮影が難しいケースがございました。

従前よりバージョンアップした本サービスでは、AIを活用した画像処理技術によって室内動画に写り込んだ家具等を消して空室を再現し、CGによってリアルな質感の家具を配置します。これにより、物件の購入を検討している方が、自分の暮らしをより具体的にイメージできるようになります。
[画像1: リンク ]


住んでいる方のプライバシーに配慮しつつ、購入を検討している方に対しては、実際に物件を訪問しなくとも、あたかも自分が室内に入ったかのような感覚で、物件を検討することができるため、「居住中物件の新しい販売手法」として期待しております。今後は、CGにより室内空間をリノベーションする「バーチャルリノベーション」も導入予定です。

<参考>バーチャルリノベーションのイメージ
[画像2: リンク ]


まずは、当社「野村の仲介+(PLUS)」の一部店舗を対象に、新たな「VRホームステージング」を導入し、順次、全店舗への拡大を検討してまいります。なお、サービス利用に伴う売主様の費用負担はございません。

「ノムコム」のVRホームステージング物件特集ページよりご覧ください。
リンク


野村不動産アーバンネットは、ICT(Information and Communication Technology)を活用したお客様向けサービスを積極的に提供しており、これまでも「人工知能(AI)によるチャット型Q&Aサービス」、「マーケティングオートメーション(MA)によるパーソナライズ物件情報メールの配信」などの先進的な取り組みを行ってまいりました。今後も、ICT活用を積極的に推進し、お客様のお役に立つ不動産サービスの提供を目指してまいります。



プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]