logo

カルビーラブJPN企画、三重の味は『ポテトチップス 伊勢えび味』2019年11月18日(月)発売!

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二)は、「三重ブランド」に認定されている「伊勢えび」の味わいを再現した『ポテトチップス 伊勢えび味』を数量限定・期間限定で2019年11月18日(月)から、三重・富山・石川・福井・岐阜・静岡・愛知(7県)で発売します。また、カルビーアンテナショップでも随時、販売予定です。商品は無くなり次第終了となります(12月下旬終売予定)。



[画像1: リンク ]

【開発経緯】
カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「♥JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足し、2017年度、2018年度に47都道府県それぞれの地元の味を再現したポテトチップスを数量限定・期間限定で発売しました。3年目となる2019年度も、3回(第1弾、第2弾、第3弾)に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売します。
2019年度の第2弾となる三重の味『ポテトチップス 伊勢えび味』は、地元を愛するお客様からインターネット上で募集した味案をもとに、三重県庁にて地元を愛する皆様と一緒にワークショップや試食会を行い、味やパッケージを決定しました。お客様からは、2017年度の「伊賀の國忍者流干し肉と梅味」、2018年度の「あおさの味噌汁味」に続く味案として、「松阪牛」や「四日市トンテキ」等のアイデアも出されましたが、三重県を代表する食材として皆に納得していただけること、ポテトチップスとの味の相性が良いことから「伊勢えび味」に決定しました。

【商品特長】
「伊勢えび」は、千葉県以南の太平洋岸に多く分布し、三重県では志摩半島沿岸を中心に漁獲される超高級食材です。三重県では5月1日から9月30日(鳥羽市離島地域以北は9月15日)までを禁漁期間として定め、産卵期の保護をしております。この規則は他産地より厳しく、持続可能な漁業に取り組むことで、安定した漁獲を続けております。本商品は、三重県産伊勢えびを使用し、炭火で焼いた伊勢えびの香ばしさやうまみが、ギュッと詰まったポテトチップスです。
パッケージの表面では、背景に志摩半島の英虞湾を、中央に味を想起しやすいよう「伊勢えび」の網焼きの様子を配置しています。裏面では、三重ブランド認定第1号の「伊勢えび」を紹介しています。

【開発担当者のコメント】
三重県で有名な「伊勢えび」をポテトチップスで再現するにあたり、焼いて少し香ばしさのある味わいがぴったりだと思い、開発に着手しました。
「伊勢えび」の濃厚な旨味を表現する為に、「伊勢えび」そのものをパウダーしたものに甘味成分を組み合わせました。香ばしさとえびの旨味の、2つのバランスをとることが非常に難しかったです。
三重県の皆様にアドバイスいただきながら、濃さがありながらも、ついつい手が伸びてしまう飽きの来ないおいしさに仕上がったと思います。三重県の特産品を使った、この企画ならではの特別な味わい、ぜひお楽しみください!
[画像2: リンク ]



【商品概要】
商品名:ポテトチップス 伊勢えび味
内容量、エネルギー:55g、304kcal
JANコード:4901330536862
価格:オープン(想定価格 税込み130円前後)
発売日:2019年11月18日(月)
※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合がございます。
※店舗によっては、お取扱いのない場合や、売り切れで販売終了の場合がございます。
販売エリア:三重・富山・石川・福井・岐阜・静岡・愛知(7県)
アンテナショップ:新千歳空港店・西武所沢店・ペリエ千葉店・原宿竹下通り店・東京駅店・
海老名SA店・ジェイアール京都伊勢丹店・ららぽーとEXPOCITY店・心斎橋店・
神戸ハーバーランドumie店・広島駅店・HAKATA店・沖縄国際通り店

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]