logo

全米クラウドファンディングで1億円以上の支援金を達成!再利用可能な綿棒 LastSwabが10月8日よりクラウドファンディングで予約販売開始!

株式会社メイクユアハピネス 2019年10月08日 11時52分
From PR TIMES

デザイナーとして、より環境にとっても優れた物を作りたい。この熱い思いから生まれたLastSwab

・全米クラウドファンディングで合計約1億2千円の支援金額達成
・より長く使える物を作りたい。再利用可能という機能
・ケース付きのマイ綿棒だから、外出時や旅行に持ち運びができます



[画像1: リンク ]

【URL】リンク

株式会社メイクユアハピネスは全米で大ヒットしたデンマークのLastSwab社の再利用可能な綿棒「LastSwab」を10月8日~10月30日までクラウドファンディングサイト「Makuake」にて期間限定の予約販売をしております。



綿棒に代わる商品、LastSwabとは?


[画像2: リンク ]

LastSwabは、アメリカのクラウドファンディングサービスである、kickstarter、indiegogoで合計約3万人の支援者が約1億2千万円を支援している再利用可能な綿棒です。


綿棒は、世界中で毎日約1.5億本が生産されております。そして、綿棒は1回使ったら捨てられることが多い商品です。


[画像3: リンク ]


そこで、デンマークのチームは、綿棒に代わる商品として、再利用可能な綿棒 LastSwabを開発しました。
※使い、洗う、保管するの簡単3ステップで、毎日使えます
※綿の代わりにTPEというゴムに似た素材を使用しており、液体は吸収しません


LastSwab開発のきっかけ


[画像4: リンク ]



デザイナーとして、いい物を作るだけでなく、より環境にとっても優れた(長く使える)物を作りたい。この熱い思いから生まれたLastSwabは、メーカーであるLastSwab社にとって最初のオリジナル商品です。

上記のデザイナーとは、LastSwab社の3人のメンバーです。彼らは、デンマーク王立美術院を卒業し、物を作る仕事をしていました。また、3人とも環境保護について、興味を持っていました。


[画像5: リンク ]

彼らは、仕事をしていく中で、共通の悩みを持っていました。

それは、物を作るために資源を使用すること、製造過程でCO2(二酸化炭素)を発生させていること。環境保護に興味がある彼らにとって、これらのことは、環境に悪いことをしているという認識のため、悩んでいました。

彼らは、本当に良いものをデザインするという使命を果たしています。それと同時に、物を作るたびに、資源を節約したいと思っていました。

この悩みの解決策が、長く使える物を作ることでした。
※LastSwabは洗うことで、何回も使用することができます
[画像6: リンク ]

寿命が4倍長い物を作った場合、環境にとっては4倍優れています。同じように、1回使用するものを1000回使用できるようにしたら、環境にとって1000倍優れたものを作ったことになります。

綿棒を選択した理由は、綿棒の市場が年間約543億個と大きく、綿棒を作成するために膨大な量の資源を使用するだけでなく、捨てられた綿棒が海に行き着き、野生生物と私たち自身を傷つける可能性があることを知ったからです。

あなたが購入した最後の綿棒がLastSwabになるよう願いを込め、商品名をLast(最後の)Swab(綿棒)にしております。



メーカーのLastSwab社が作成したLastSwabの紹介動画です。


[動画: リンク ]




ケース付きのマイ綿棒。旅行のお供に


LastSwabには持ち運びできる専用ケースが付属しています。一般的な綿棒は100本セットとかなので、持ち運びが大変だと思います。LastSwabをマイ綿棒として、旅行や外出時に、いつでも持ち運びができます。
[画像7: リンク ]



[画像8: リンク ]




LastSwabの利用シーン(ベーシック、ビューティーの2種類)


[画像9: リンク ]



[画像10: リンク ]

ベーシックバージョンは、小さなコブがついているので、ほこりも巻き取るようにして掃除に利用できます。


こだわりの素材とデザイン


[画像11: リンク ]

2種類のLastSwabは、繊細な体の部分にも使えるよう、柔らかい感触の素材(TPE:ゴム系弾性体)を使っており、綿棒と同じように使うことができます。
※綿ではなく、ゴム系弾性体の素材を使っているため、液体は吸収しません

LastSwabのコンセプトは何回も使える綿棒です。素材ごとのテストをすることで、品質もしっかり確認しています。



ケースはスライド式で、開け閉めができ、簡単に、取り出し、保管ができます


[画像12: リンク ]



全米クラウドファンディングの実績


[画像13: リンク ]

LastSwabを約9万本の支援を受けております。もし、9万本のLastSwabを使う方が、1年で平均300本の綿棒を使っていたとしたら、年間約2700万本の綿棒を削減したことになります。


素材とサイズ


[画像14: リンク ]

LastSwabは、両端に柔らかいゴム系弾性体が付いた、硬くてコンパクトなナイロン製の軸で構成されています。


・先端 :TPEタイプ:30A(リサイクルしやすい材料として注目)
・軸:ナイロンタイプ:SY-125826
・ケース:PLAタイプ:2003D(完全に生物分解性のある、環境に優しい材料)



メーカー紹介


LastSwab社はデンマークに拠点を置くスタートアップ企業で、7年間クラウドファンディングとスタートアップを行っています。



プロジェクト実行者(株式会社メイクユアハピネス)について


弊社の会社名であるメイクユアハピネスは、「あなたの幸せを創作する」という意味になります。人生で出会ったことのないような素敵な商品・サービスをお届けし、喜んでもらいたいという意味が込められております。

今回、デンマークのLastSwab社のデザイナー3人のいい物を作るだけでなく、より環境にとって優れた物を作りたいという思いに感銘を受け、日本でプロモーションをすることと致しました。

LastSwabは、SDGs(持続可能な開発目標)と親和性も高く、一人でも多くの皆様が、LastSwabをマイ綿棒として利用していただければ幸いです。皆様のご支援の程何卒よろしくお願い致します。



プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]