logo

【三浦工業株式会社】油焚き小型貫流蒸気ボイラ「SI-2500AS型」をラインナップ多位置制御、ターンダウン比1:4、ボイラ効率97%

三浦工業株式会社 2019年10月08日 09時01分
From PR TIMES



 産業用ボイラのトップメーカーである三浦工業株式会社(本社:愛媛県松山市、社長:宮内大介)は省エネルギーを追求した「油焚き小型貫流蒸気ボイラSI-2500AS」をラインナップに追加し、2020年1月より販売を開始いたします。今回のSI-2500ASは、油焚きボイラでは業界最大蒸発量の相当蒸発量2500kg/h、業界最高レベル(※1)のボイラ効率97%を達成しています。

 近年、省エネルギー化に対する要求はますます高まり、産業用熱源として広くご愛顧頂いてきました蒸気ボイラにおいても更なる進化を求められております。2017年7月に発売したSI-2000AS型、2018年4月に発売したSI-1500AS型に引き続き、今回のSI-2500AS型は、これらの課題に資する油焚き小型貫流ボイラとして、SIシリーズ従来の特長をそのままに運転効率の向上・省電力化・蒸気圧力安定性・負荷追従性をさらに高めました。

【特長】
(1)エコノマイザ(※2)を改良し、ボイラ効率97%を実現
高性能エコノマイザの採用により排ガスからの熱回収量を向上させ、油焚きボイラ最高レベルのボイラ効率97%を実現しました。

(2)燃焼ステージの多位置化、ターンダウン比1:4
従来の3位置制御(待機、低燃焼、高燃焼)に制御位置を追加し、多位置制御(待機、低燃焼、中燃焼、高燃焼)を実現しました。また、ターンダウン比(※3)を1:2から1:4へ燃焼範囲の拡大により、蒸気負荷要求に対し、安定した蒸気の供給が行えます。低負荷時にはボイラの発停を抑えることができ、プレパージによる熱損失の低減、蒸気圧力の安定性が向上しています。

(3)熱損失低減による運転効率の向上
・送風ラインに自社開発のダンパモータを搭載し、ドラフト損失(※4)を低減
・濃縮ブロー(※5)水を小流量、長時間ブロー制御へ変更し、ブロー熱損失を低減
・断熱強化による放熱損失の低減・・・様々な熱損失を低減させ運転効率を向上させます。

(4)省電力化
送風機、給水ポンプともにインバータを標準搭載、自社開発の高効率送風機や水位レベルセンサとの併用により省電力化を推進します。

(5)高乾き度(※6)99.5%以上を実現
蒸気圧力や燃焼負荷によって刻々変化する適正水位(※7)に対して、各種センサおよびインバータを用いてきめ細かな水位制御を行うことで、良質な乾き度の蒸気をご提供します。

[画像1: リンク ]


※1:自社調べ
※2:排ガスの余熱でボイラの給水を加熱する装置
※3:最低出力と定格出力の比
※4:ボイラ待機時の自然通風による熱損失
※5:缶水の濃縮度調整のための排水
※6:蒸気中に含まれる液体としての水分(水滴)の割合が 少なく、良質な蒸気であること
※7:高乾き度および缶体保護を両立できるボイラ内の水位(液面の高さ)
※8:負荷率100[%]、蒸気圧力0.49[MPa]、給水温度15[℃]、給気温度35[℃]

【製品写真】

[画像2: リンク ]



以上

<三浦工業株式会社の会社概要>
ミウラは2019年5月1日で、設立60周年を迎えました!
60周年記念サイトはこちら⇒リンク
■社名:三浦工業株式会社(リンク
■事業内容:小型貫流ボイラ・舶用ボイラ・排ガスボイラ・水処理装置・食品機器・滅菌器・薬品等の製造販売、メンテナンス、環境計量証明業 等
■本社:愛媛県松山市堀江町7番地 〒799‐2696
■設立:1959年5月1日
■代表者:代表取締役 社長執行役員 CEO 宮内 大介
■資本金:95億4400万円(2019年3月31日現在)
■ 従業員数 :単独3,090名、連結5,690名(2019年3月31日現在)
グループ5,726名(うち海外1,664名) ※正社員・準社員のみ

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]