logo

「ブラザーの森 郡上」での植林活動に対して岐阜県から感謝状授与

ブラザー工業は、「ブラザーの森 郡上」で24回目となる植林活動を10月5日に実施し、従業員やその家族、郡上市職員、森林組合員など約100名が参加した。さらに、ブラザーの長きにわたる森林づくりの推進活動による地域の活性化への功績が評価され、岐阜県から感謝状が授与された。



[画像1: リンク ]


ブラザーは、岐阜県、岐阜県郡上市とともに、郡上市内のスキー場跡地をはじめとする計3カ所を「ブラザーの森 郡上」とする協定を2008年に締結し、森林の復元を目指して活動してきた。これまでに約6,500本の植樹を行い、多様性に富んだ豊かな森づくりに貢献してきた。

今回、ブラザーの森林づくり推進活動に対して、岐阜県から感謝状が贈られた。授与式では、岐阜県の荻巣雅俊(おぎすまさとし)林政部長からブラザー工業岩田俊夫(いわたとしお)シニア・チームマネジャーに木製の感謝状が手渡された。岐阜県の荻巣氏からは、ブラザーの長年の活動への感謝が述べられ、ブラザーの岩田氏からは、今後も出来る限り、豊かな森づくりに貢献していきたいと抱負が語られた。



[画像2: リンク ]



[画像3: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]