logo

今年収穫した「国産つがるリンゴ」を100%使用した”新酒”『ニッカ シードルヌーヴォスパークリング2019』期間限定で11月6日(水)発売!

アサヒビール株式会社 2019年10月07日 14時00分
From PR TIMES



 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、今年収穫した国産リンゴ品種「つがる」100%で醸造した『ニッカ シードルヌーヴォスパークリング2019』(びん200ml・720ml)を、11月6日(水)から期間限定で発売します。

[画像: リンク ]

 『ニッカ シードルヌーヴォスパークリング2019』は、国産リンゴ100%のスパークリングワイン“シードル”の限定新酒です。糖類、香料を加えず、2019年に収穫した「国産つがるリンゴ」のみで醸造したやさしい甘さとフレッシュでさわやかな酸味が特長です。手軽にお楽しみいただけるようアルコール度数は2%に仕上げました。

 パッケージは、赤を基調とした華やかな色合いにゴールドを組み合わせ、クリスマスなどスパークリングワイン需要が高まる“ハレ”の日の飲用シーンにもお楽しみいただけるデザインにしています。商品特長である「つがるリンゴ」「2019年新酒」を商品中央に配するとともに、「国産リンゴ100%スパークリングワイン」、「糖類・香料無添加」と記載し、自然由来の品質であることを訴求しています。

 消費者調査の結果より、シードルの期間限定商品に求める価値として、「収穫年の内に醸造」「単一のりんご品種使用」※があることがわかりました。

 アサヒビール(株)は、早生(わせ)品種つがる100%の「新酒」である『ニッカ シードルヌーヴォスパークリング2019』をパーティー需要が高まるこれからの季節に発売することで、シードル消費の活性化を目指します。
(※)2019年2月当社調べ

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]