logo

JTBとCtripなど5社は、日中の企業連携やイノベーションの加速を目指し、一般社団法人日中ツーリズムビジネス協会を設立

株式会社JTB 2019年10月07日 14時00分
From PR TIMES

 株式会社JTB(東京都品川区、代表取締役 社長執行役員:高橋広行、以下JTB)はENtrance社やCtrip グループ日本など5社とともに、日中間のビジネスの交流と発展を目指し2017年に創設した日中ツーリズム企業家倶楽部を新たに一般社団法人日中ツーリズムビジネス協会として設立しました。



 日中ツーリズムビジネス協会(略称CJTC)は、ENtrance社が代表理事を務め、JTB、Ctrip グループ日本など5社が理事として参画し、日中間の企業連携やイノベーションを加速させることを目指して活動進めてまいります。

 また、2019年12月3日に開催する日中ツーリズムサミット2019を通じて、業界の持続的発展に向けて取り組んでまいります。
(日中ツーリズムサミット2019詳細:リンク)


[画像: リンク ]


■設立の背景と経緯
 2018年に日中平和友好条約締結40周年の節目を迎え、近年は日中間の交流が活発に行われています。特に観光分野では、中国人の訪日ビザ緩和などの影響もあり、2018年に日本を訪れた訪日中国人は対前年比13.8%増の838万人と順調に増加しています。
 また、2019年は日中青少年交流推進年と位置づけるなど、民間レベルでの更なる交流が期待されるとともに、ツーリズム領域でのビジネス交流も活発になることが予想されます。
 同じ東アジア地域に属する隣国の日本と中国ですが、一方で異なる文化や価値観を有しており、それゆえビジネスを推進するうえでの商習慣の違いが課題になっています。こういった課題を解決し、ビジネス交流の活発化と繁栄に向けて、日中両国の企業同士が連携することの必要性を感じ、2017年に創設した日中ツーリズム企業家倶楽部は、一般社団法人として新たなスタートを切りました。

■活動内容
 ・BtoBマッチング商談会の企画と運営
 ・日中ビジネス関連の情報発信
 ・その他関連イベントの企画と会員企業への個別支援
 ・2019年12月3日(火)に、第2回目となる日中ツーリズムサミット2019の開催を予定
  日中ツーリズムサミット2019活動概要:リンク
■協会概要
一般社団法人日中ツーリズムビジネス協会(通称:CJTC)
(英名:China-Japan Tourism-Business Consortium、中国語名:中日旅游文化商务促进会)
所在地:東京都新宿区新宿5-15-14 INBOUND LEAGUE内
HP:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]