logo

HERON PRESTON x UGG グローバルキャンペーンを発表

Deckers Japan合同会社 2019年10月07日 15時15分
From PR TIMES



[画像1: リンク ]

TOKYO (10月7日, 2019) – 同じカリフォルニアにルーツを持ち、上質な素材と比類ないクラフトマンシップへの情熱を共有するグローバルライフスタイルブランドのUGG(R)(a division of Deckers Brands [NYSE: DECK]) とファッションデザイナーのヘロン・プレストン(Heron Preston)がHeron Preston x UGG(R)限定コラボレーションのグローバルキャンペーンを公開しました。

コレクションのストーリーは、現代のロストボーイズたちがUGG(R)ブランドの反抗精神を称賛するユニークなコンテンツ・シューティングを通して語られます。人里離れたニュージャージー、フォール・ヒルズの邸宅でフォトグラファーのアレクサンドル・ヘルトーゲ(Alexandre Hertoghe)によって撮影された作品のコンセプトはトリプティック(3部作)であり、自由と友情を”祝う前”、”祝っている間”、”祝った後”を表現しています。クリエイティブディレクターのレヴィ・ぺリン(Levi Perrin)の下、ワイルドな不良少年グループに扮したモデルたちが今回のコラボレーションのアイテムやプレストン自身のレディ・トゥ・ウェア・コレクションのスタイルを身に着け、3つのロケーションで撮影が行われました。ノスタルジックで思い出のある物たちに囲まれたベッドルーム、門限後の集会で燃える焚き火に照らされた人気のない森の中の空き地、そして、朝になって少年たちが戻った殺伐とした部屋がロケーションに選ばれました。

10月7日に発売されるデュアルジェンダーなコレクションは、UGG(R)の2つの定番スタイルであるClassicミニとタスマン(Tasman)をプレストンの大胆な美学と斬新な色遣いでアレンジしたものです。プレストンのシグネチャーとなっている蛍光イエローのプルタブとオレンジの配色、半透明ラバーアウトソール、バリスティックナイロンのメッシュ地と贅沢なまでに柔らかいスエードのコントラストが、スタイルの特徴となっています。UGG(R)銀座店およびUGG(R)公式サイト(ugg.com)で限定販売されるタスマンは、根強い人気のスリッポンを軽量かつ耐久性に優れた生地と贅沢なシープスキンのフットベッドで仕立てたものです。一方で、ClassicミニテックWPは、ブランドを代表するクラシックブーツの履きやすさと防水性、コラボレーションの特徴的なディテールを楽しむことができます。
[画像2: リンク ]

本コレクションは、10 月 7 日( 月 )より UGG(R) 銀座店、UGG(R) 公式サイト( リンク) 、伊勢丹新宿店メンズ館2階でご購入いただけます。( アイテムにより取扱い店舗が異なるため、詳細に関しましては、フリーダイヤル 0120 710 844 まで お問合せください。

Heron Preston x UGG(R)コラボレーションは、2019年1月に開催されたプレストンのパリファッションウィークメンズランウェイショーで行われました。

ヘロン・プレストンとUGG(R)のパートナーシップは、2018年4月のコーチェラ・ミュージックフェスティバルから始まりました。プレストンは、アイコニックなUGG(R)のClssicミニ ブーツに自分流の手を加え、パームスプリングスで開催されたRepublic Records(リパブリック・レコード)のイベントで、親しい仲間たちに75足限定で配ったのです。

昨年10月、世の中の慣習にとらわれることなく常に挑み続けているブランドとして大きな節目となる40周年を記念したグローバルキャンペーン、“UGG: 40 Years” にヘロンが起用されました。キャンペーンには、ヘロン・プレストンのほか、Adwoa Aboah(アジョア・アボアー)、Luka Sabbat(ルカ・サバド)、Lil Miquela(リル・ミケーラ)も登場しています。1978年にメンズサーフブランドとして誕生し、ファッション業界の権威へと成長したUGG(R) について、プレストンは、カリフォルニアの西海岸で育まれたブランド初期の様子や、グローバルブランドがもたらす絶えることのない影響力に思いを馳せています。

About The UGG(R) Brand
1978年、カリフォルニアの海岸で一人のサーファーによって設立されたUGG(R)は、アイコニックなクラシックブーツで知られるグローバルライフスタイルブランドです。ハリウッドのセレブリティに続き、ファッションエディターに愛用され、やがて世界中に広がりました。以来UGG(R)は、品質、クラフトマンシップに対する妥協のない姿勢を貫きながら、フットウェア、アパレル、ファッション小物、ホームウェアのデザインと販売を手掛けています。世界各国の一流小売業者と提携しながら、UGG(R) のコンセプトストアおよびアウトレットストアを、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルス、パリ、ロンドン、東京、上海、北京など、世界主要都市に130店舗以上を展開し、年間10億ドルを超える売上高を実現しています。詳しくは、www.ugg.com/jp @UGGJAPAN をご覧ください。

About Heron Preston
ヘロン・プレストンは、自らの名を冠したレーベルのファッションデザイナーであり、DJ、コンサルタント、アートディレクター、コラボレーターなど多彩な顔を持っています。自身のブランドでは、スポーツやストリートウェアにインスピレーションを得たウィメンズとメンズのセパレーツやアクセサリを手がけています。サンフランシスコで生まれ育ち、ニューヨークのパーソンズ・スクール・オブ・デザインでデザインと経営を学び、2008年に経営学士号を取得しています。

その後、Nike(ナイキ)で働き、Kanye West(カニエ・ウェスト)の下でも仕事をしました。2016年9月に自身の名を冠したレーベルを設立すると、ブランドの初期のシグネチャーがすぐに決まります。蛍光色に近いオレンジ色の多用、キリル文字で書かれた「スタイル(style)」という言葉、そして、ヘロン(鷺)をもじった鳥の柄などです。その他に、Carhartt(カーハート)、Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)が手掛けるブランドOff-White(オフホワイト)、Nike、そしてNASAともコラボレーションをしています。

プレストンは、その目覚ましい活躍の中で数々の素晴らしい栄誉を受けており、オンラインメディア “Business of Fashion”(ビジネス・オブ・ファッション)が選ぶ “BoF 500”の1人に選出され、“Hyperbeast 100”にも選ばれています。また、アメリカファッション協議会(Council of Fashion Designers of America:CFDA)が選ぶ2019年のエマージング・デザイナー・オブ・ザ・イヤーの候補にもなっています。プレストンはニューヨークとミラノに生活の拠点を構え、パリ・ファッションウィークで自身のコレクションを発表しています。

# # #

クレジット:
UGG(R)/ Deckers Japan
TEL: 0120-710-844
URL: リンク

Campaign 画像:リンク
Campaign Photography Credit: Alexandre Hertoghe

Product画像:リンク
Product Photography Credit: UGG(R)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]