logo

横浜市立東高等学校の「総合的な探究の時間」に、未来技術推進協会の開発した【SDGsボードゲーム】を導入

一般社団法人 未来技術推進協会 2019年10月07日 13時00分
From PR TIMES

SDGsを自分事とする、かつ、深い探究活動とする、その核としてのボードゲームを活用することに挑戦します。

未来技術推進協会(以下、協会)は、2019年10月11日に横浜市立東高等学校(以下、東高校)と共同でSDGsワークショップを実施します。
東高校は2018年にユネスコスクールに認定されており、SDGsに関わる取り組みを積極的に行ってきました。校内だけでなく、大学、企業を巻き込んだイベントも多く実施しています。
今年度、1年生の総合的な探究の時間において、協会のボードゲームを導入し、ゲームを通して、SDGsの理解、それを自分事とし、探究活動の成果(まとめ)を「ゲーム」として残すという活動に挑戦します。



[画像1: リンク ]

2019年度入学の高校1年生から、学習指導要領の改訂によって、これまで「総合的な学習の時間」として実施されてきた科目が「総合的な探究の時間」に変更さました。ただの調べ学習ではなく探究の時間となるよう、多くの学校がどう取り組んでいくべきか、その方向性を悩み、探りつつ取り組んでいるのが今の状況です。

そこで、東高校では、探究の時間に協会のボードゲームを導入するという新たな取り組みに挑戦します。ボードゲームを通してまずはSDGsを自分事とするきっかけとし、さらに探究活動を行っていき、その成果をゲームの「ミッションカード」にまとめます。そして、学年末の3月には生徒が作成したミッションカードでボードゲームを行い、探究活動のまとめを「ゲーム」として残します。

10月11日のワークショップはその活動の第1弾です。
ボードゲームを通してSDGsを理解し、自分事としていくきっかけとなることを目標とします。生徒がどのようにボードゲームに向き合うか、そして、1学年全員272人という大規模なワークショップが、今後の活動へどうつながっていくのか、東高校と協会が協働して挑戦していきます。



SDGsボードゲーム


[画像2: リンク ]

日本中を回りながら様々なミッションにチャレンジし、SDGsの達成を目指します。
多くの活動事例に触れながらプレイヤー間で協力することで、SDGsへの理解を深めることができます。

ボードゲームの特徴
・SDGsに関する事業の取り組みをたくさん学べる
・他のプレイヤーと協業することで、協力の大切さを学べる
・ゲームを通して、楽しくSDGsの理解できる

2つのゴールを達成しよう!
・SDGsの各17目標のスコアを10にする
・自身の所属団体をランクアップさせる



開催概要

日時:10月11日(金) 14:50~16:10
会場:横浜市立東高等学校
神奈川県横浜市鶴見区馬場3丁目5−1


団体概要

団体名:一般社団法人 未来技術推進協会
代表理事:草場壽一
所在地:東京都港区港南2-4-9 港南ビル
URL:リンク
事業内容:講演会やアイデアソン等の交流イベントの開催。最新技術、SDGs関連の情報発信活動。


お問い合わせ先

一般社団法人 未来技術推進協会
山田慎也
TEL:090-7505-1923
E-mail:s-yamada@future-tech-association.org

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]