logo

JALは10月より3年連続で「おにぎりアクション2019」に協賛します

~おにぎりを通じてアフリカ・アジアの子どもたちに温かい給食を届けます~



2019年10月7日

JALは、中期経営計画で「SDGsを始めとする社会の課題解決へ貢献」の実現を目指しています。その目標達成に向けて、世界の食料問題の解決に取り組む特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International(本社:東京都港区、代表:安東迪子氏、以下「TFT」)が実施する「おにぎりアクション2019(*1)」の活動に今年も協賛します。「おにぎりアクション」とは、世界中から寄せられたおにぎりの写真1枚につき、アフリカ・アジアの子どもたちに給食5食分が届けられるプロジェクトです。10月16日の「世界食料デー(*2)」に合わせて2019年10月7日~11月20日の期間に実施されます。
(*1)「おにぎりアクション2019」公式サイト リンク
(*2) 世界中の人が食べ物や食料問題について考えるために国連が定めた日

JALではより多くのお客さまに「おにぎりアクション」に参加していただくため、JALホームページの特設サイトにて、独自のテーマとして設定されたJALの就航都市にちなんで投稿されたおにぎりの写真1枚につき、5食分の給食をアフリカ・アジアの子どもたちにお届けします。また、投稿された方の中から抽選で6名さまに「JALしろたんもちっと飛行機抱きぐるみ」をプレゼントします。詳細は特設サイト(*3)をご参照ください。
[画像1: リンク ]

(*3)JAL特設サイト リンク

《テーマ》
10月7日~10月21日「福岡」、 10月22日~11月5日「シドニー」、 11月6日~11月20日「台北」

JALは今後も社会課題の解決の一助となるような取り組みを積極的に進めてまいります。
[画像2: リンク ]

                                               以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]