logo

オンライン署名サイト「Change.org」世界でユーザー数3億人突破!

一般社団法人Change.org Japan 2019年10月03日 23時55分
From PR TIMES

誰もが無料で署名キャンペーンをスタートできるChange.org(チェンジ・ドット・オーグ)のユーザー数が全世界で3億人を突破しました。



[画像: リンク ]


「“声なき弱者”がいない社会をつくりたいのです。誰もが声を上げ、何かを変えることができる世の中を。」ー ベン・ラトレイ(Change.org CEO)

2002年に社会起業家のベン・ラトレイによってアメリカで創設された社会にポジティブな変化を起こしていくためのオンライン署名サイトChange.org(チェンジ・ドット・オーグ)のユーザーが世界で3億人を突破しました。
インターネットの様々な可能性が語られる昨今ですが、そのポジティブな力を信じるユーザーたちが毎月25,000の署名キャンペーンを世界各地で立ち上げています。

日本では19歳の青年が先生から生徒のパワハラをなくすために生徒が相談しやすい公的窓口設置を求めた署名キャンペーンをスタートしたり、イギリスでは9歳と7歳の姉妹が立ち上げた署名キャンペーンにより年間約320トンのプラスチックゴミにつながるキッズミールのプラスチックおもちゃをバーガーキングが廃止したり、アメリカでは歌手のテイラー・スウィフトさんがLGBTQの人々を守る法律づくりを求める署名キャンペーンを立ち上げたり、知名度のあるなしに関わらず、様々な人が自分が変えたいと思うことに声を上げています。

日本では、2012年にスタートしたChange.org。2018年12月時点での日本のユーザー数は169万人となりました。

未公開予定だった映画『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』が1,220の署名で2019年12月20日に公開されることになったり、理不尽な校則に声をあげる「#ブラック校則をなくそう!」は、6万以上の賛同と300件を超える実例とともに8月末に文部科学省へ提され、柴山昌彦文科大臣も自身のtwitterで真摯な対応を約束しました。

また、「週刊SPA!」の「ヤレる女子大学生ランキング」という記事に対し「女性を軽視した出版を取り下げて謝って下さい」が立ち上がり、編集部との対話が実施されたり、職場でのヒール・パンプス強制に反対する#KuTooは様々なメディアで話題となり、3万以上の署名を集め、クラウドファンディングを使った新聞広告企画に発展しています。

国境を超えたつながりも生まれています。映画『天気の子』のインドでの正式上映を求める署名キャンペーンに5万を超える賛同が集まり、日本のアニメーション映画として史上初の上映が決まりました。新海誠監督もChange.orgのサイト上でコメントを発表しています。

Change.orgは、パタゴニアやキックスターターなどの公益を追求する企業のみに与えられる「パブリック・ベネフィット・コーポレーション」という法人格を持っています。社会のために事業を行うことが法的に義務付けられており、「誰もが自分の想いや意見に価値があると信じられ、声に出して変化を起こすことが当たり前となる社会になること」をミッションとしています。

このミッションを遂行するためにも、Change.orgは個人のユーザーからの寄付により運営されています。会員からの「月額会費」と、応援したい署名キャンペーンをChange.org上でより多くの人に見てもらうための「キャンペーン広告費」という二つの形で、個人のみから寄付を受け付けることで、誰もが声を上げられるプラットフォームを維持しています。

また、弊団体のグローバルでの活動をまとめたインパクトレポート(英文のみ)が発表されました。
リンク

Change.org Japanの活動報告書(日本語)も併せてご覧ください。
リンク

これからも自分の意見や思いに価値があると感じられ、声に出して変化を起こすことが当たり前になる社会を目指し、サービス向上に努めて参ります。

【Change.org(チェンジ・ドット・オーグ)に掲載されているキャンペーンページの取り扱いについて】
Change.org上のキャンペーンページは、公に公開し呼びかける目的で作成、掲載されておりますので、放映、スクショ等でキャンペーンページの掲載はChange.org側の許諾なくご掲載いただいて問題ございません。
賛同者の個人名およびキャンペーンページ下部に集まっている賛同者から寄せられたコメントにつきましては、ご本人の許可がえられた場合を除いてお名前は伏せた形でご紹介をお願い致します。

【Change.org(チェンジ・ドット・オーグ)について】
Change.org(チェンジ・ドット・オーグ)は、2007年にアメリカで社会起業家のベン・ラトレイによって創設された、社会にポジティブな変化を起こしていくためのオンライン署名サイトです。全世界でのユーザー数は約3億人。
Change.org日本語版は2012年に開設され、2017年に一般社団法人Change.org Japan(チェンジ・ドット・オーグ ジャパン)を設立。誰もが自分の想いや意見に価値があると信じられ、声に出して変化を起こすことが当たり前となる社会になることを目指し、「変えたい」気持ちを形にできるプラットフォームを運営しています。
リンク


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]