logo

電動工具ブランド「HiKOKI(ハイコーキ)」 ACブラシレスモーター搭載「電子ディスクグラインダシリーズ」が2019年度「グッドデザイン賞」を受賞

工機ホールディングス株式会社 2019年10月05日 03時25分
From PR TIMES

 電動工具・理化学機器を製造・販売する工機ホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:森澤篤)は、主に金属の研削や研磨、切断などを行う電動工具「電子ディスクグラインダシリーズ」で、2019年度「グッドデザイン賞」(Gマーク)を受賞しました。
 



 当社は、これまで、電動工具のほかにも園芸用品など幅広い分野の製品で同賞を受賞しており、今回で 29 回目の受賞になります。今後も引き続き、「製品デザイン力」と「技術力」を備えた「ユーザー志向のモノづくり」を進めてまいります。 

 「電子ディスクグラインダシリーズ」は、ACブラシレスモーターを搭載しており、電子制御により安全性を高めたディスクグラインダのシリーズです。今回の受賞では、安全性に配慮した機能の充実や、作業に集中して取り組めるような製品デザインであることなどが高く評価されました。

 工機ホールディングスは、今後とも、お客様視点に立ったより良い製品とサービスの開発に努め、お客様であるプロのための「極上」の製品体験を創出し、その情熱と信頼に応えていきます。
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

■「電子ディスクグラインダシリーズ」について
 「電子ディスクグラインダシリーズ」は、ACブラシレスモーターを搭載しており、電子制御により様々な機能を付加したディスクグラインダのシリーズです。現在、G10BYE、G10VE、G10YE2、G13BYE、G13VE、G13YE2、G15YE2、G18BYEの計8製品を展開しています。
 定速度制御により負荷をかけても回転数の低下が少なく研削効率が高いほか、過負荷保護機能によりモーターの損傷を防ぎます。また、ブレーキや再起動防止装置などの安全機能も充実しています。

<安全性を叶える機能>
1.再起動防止機能で不意の事故を防止
 スイッチがONの状態で電源プラグをコンセントに差し込んでも動作しないように設計しており、不意の事故防止に効果的です。

2.キックバック軽減システム
 キックバックとは、回転中のダイヤモンドカッターや切断トイシに急激に大きな負荷がかかり回転数が急速に低下したとき、反発によって材料もしくは機体が作業者側にはじき飛ばされる現象です。キックバック軽減システムでは、ダイヤモンドカッターや切断トイシの挟み込み等によりモーターの回転速度が急速に低下したとき、瞬時にモーターを停止することでキックバックの動きを軽減します※1。
※1 作業時の状況・条件により作動しない、あるいは性能を十分に発揮できない場合があります。作業時は、確実な材料の設置・固定および本体の保持を行ってください。

3.作業を安心して開始できるソフトスタート
 起動時の回転を制御し、反動を抑えることで安心して作業が開始できます。

4.不意なスイッチONを防ぐ2アクションスイッチ
 電源をオンにするために2つの動作が必要なスイッチを採用しています。不意にスイッチが入ることによる怪我や事故を防止します。

5.ブレーキ付でトイシの回転を素早く停止 (対象機種:G18BYE、G13BYE、G10BYE)
 スイッチを切ると素早くトイシが停止するため、惰性でトイシが回り続けません。また、停止までの時間が短いため次の作業にすぐ取り掛かることができ、作業効率の向上にも役立ちます。さらに、急な停電や電源プラグがコンセントから抜けた際など給電が停止した場合でも、自動的にブレーキがかかり不意の事故を防止します※2。(業界初※2)
※2 対象機種はG13BYE、G10BYE。2017年5月時点、国内電動工具メーカーにおいて業界初(当社調べ)(電子ディスクグラインダ)

■審査員評価コメント(原文ママ)
 グリップのホールド感がしっかりしており、稼働時も本体がブレず作業が行えると感じた。グリップ部、本体、可動部が、コントラストのはっきりとしたカラーリングで3分割されているため、本体の造形が複雑にもかかわらず、視覚的にはシンプルな印象を与える。安全性に配慮した機能も充実しており、視覚的なノイズなしに手の感触に集中して安心して作業できるよう丁寧にデザインされていると評価した。
 詳細はこちら: リンク

■「グッドデザイン賞」について
 「グッドデザイン賞」は、1957年に旧通商産業省によって設立された「グッドデザイン商品選定制度」(通称Gマーク制度)を継承する、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。公益財団法人日本デザイン振興会が運営しています。製品、建築、ソフトウェア、システム、サービスなどを対象に、かたちのある無しにかかわらず、人が何らかの理想や目的を果たすために築いたものごとをデザインととらえ、その質を評価・顕彰しています。
 グッドデザイン賞公式サイト:リンク


<ご参考>
電動工具の日
 2018年より、10月1日は「電動工具の日」である、と一般社団法人日本記念日協会によって認定されました。十月一日はプラスとマイナスドライバ、10月1日はイチとゼロでスイッチを意味し、電動+工具の記念日にふさわしいとされました。「HiKOKI」(ハイコーキ)ブランド要諦発表の日が電動工具の日になったことを歴史に刻み、業界発展のためにさらなる貢献をしてまいります。
[画像3: リンク ]

工機ホールディングス株式会社について
 工機ホールディングス株式会社は、ドライバ、ドリルなど約1,300 機種の電動工具、釘打機などのエア工具、刈払機や植木バリカンなどの園芸工具、クリーナや高圧洗浄機などの家庭用電化製品群および超遠心機などの理化学機器を製造販売するリーディングカンパニーの一つです。
 70 年の歴史に裏打ちされた高い信頼性と世界最高水準の技術力を誇り、日本はもとより、欧州、米州、アジア、オセアニア、中近東、アフリカにおよぶ世界95ヵ国に販売拠点を持ち、グローバルに事業を展開しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]