logo

2019年度中国・国家石油備蓄センター(NORC)との石油備蓄の運営、管理に関する研修の実施について

JOGMEC 2019年10月04日 19時15分
From PR TIMES

~国際協力の推進による我が国のエネルギー安全保障の向上への取り組み~

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:細野 哲弘)は、9月1日(日)から9月14日(土)の間、JOGMEC東京本部および北海道石油共同備蓄(株)北海道事業所において、中国・国家石油備蓄センター(以下、NORC:National Oil Reserve Center)と石油備蓄の運営、管理に関する研修を実施しました。本研修には、NORCをはじめとする中国の国家石油備蓄基地関係者13名が参加しました。



[画像1: リンク ]

 NORCとの石油備蓄の運営、管理に関する研修は、2016年度から開始され、2018年度に締結した「2018年度~2020年度石油備蓄基地の管理・運営に係る研修に関する協定書」に基づき、今般4回目となる研修が行われました。

 今年度の研修は、JOGMEC東京本部での座学に加えて、北海道石油共同備蓄(株)の協力を得て、同社北海道事業所での現場研修を行いました。研修中は、日本側と中国の国家石油備蓄基地関係者双方の活発な意見交換や質疑応答が行われました。

 研修初日の開講式には、駐日中華人民共和国大使館より李一等書記官、経済産業省石油精製備蓄課にもご出席いただき、研修生への御祝辞を賜りました。

 JOGMECは、今後もこうした研修等を通じて日本の知見・技術を共有し、中国における国家石油備蓄基地の安全確保を含めた石油備蓄の運営、管理の向上に協力してまいります。また、意見交換などを通じて政策・技術動向に関する情報交換や連携を推進し、アジア地域の石油備蓄体制強化ひいては我が国のエネルギー安全保障の向上に貢献してまいります。

■ 研修の概要
[表: リンク ]



[画像2: リンク ]

全文を読む↓
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]