logo

~返還不要! “学ぶ意欲”を応援します~広域通信制 NHK学園高等学校が独自の奨学金制度を創設

学校法人NHK学園 2019年10月04日 15時45分
From PR TIMES

学習継続を後押しする、独自の奨学金制度を2020年度よりスタートします。

広域通信制の「NHK学園高等学校」を運営する学校法人NHK学園(東京本校:東京都国立市/理事長:浜田泰人)は、返還不要の奨学金「学習サポート金給付(年額10万円)」と「緊急支援見舞金給付」を2020年度よりスタートさせます。
従来から実施していた「推薦入学者の入学金免除」「教材費無償化」の支援と合わせ、経済的な事情により高校生活を断念することのないよう、生徒たちを強力にバックアップしていきます。




[画像1: リンク ]



■多様な学びを提供するNHK学園高校


1963年に日本初の広域通信制高校として開校したNHK学園高校。生徒たちの多くは、当時、「金の卵」と呼ばれていた勤労青年たちでした。最近は中学校時代に不登校や引きこもりを経験するなどして全日制高校に馴染めなかったり、スポーツや芸術の分野で活躍したりする生徒たちの学習継続の場として、多様な学びを提供しています。

■NHK学園高校の願い「経済的理由で学びをあきらめないで!!」

少子化が進む中、高校生全体の数は減少しているにもかかわらず、通信制高校に通う生徒の数は増加傾向にあり、2019年度は約20万人と前年度より1万人増えました。しかし、中には経済格差を抱える家庭の生徒も多く、NHK学園高校でも経済的な理由から住民税が非課税となっている家庭の生徒が相当数います。
このため、NHK学園高校ではこれまでにも「推薦入学者の入学金免除」と「教材費給付」を実施してきましたが、「経済的理由で学びをあきらめないで!!」という強い願いの下、新たな制度をスタートさせることになりました。

[画像2: リンク ]



【独自の奨学金制度を創設】

2020年4月から新たにスタートさせることになったのが返還不要の奨学金「学習サポート金給付」。世帯収入が概ね250万円未満で住民税が非課税とされた家庭の生徒を対象に、学習意欲が高く、学校生活・学習状況ともに良好・優秀な生徒に対して、選考の上、年額10万円を給付。初年度は1年生15人、2・3年生若干名への給付を予定。
さらに自然災害で被害を受けたり、家計が急変したりした場合などに、3万円を支給する「緊急支援見舞金給付」も新たに始める。

【学納金分割で入学時の負担軽減】

さらに2020年度から「学納金の分割納入」もスタート。入学時に納入していただく費用を入学金や施設設備充実費などに限定して、受講料は先送りし、家庭の負担を軽減。
国に高等学校等就学支援金を申請して認められた生徒は、翌年1月に支援金との差額分のみを受講料として納入。就学支援金を申請しない生徒についても、受講料の納入を9月まで先送りし、入学時の負担を軽減。

※奨学金はNHKの関連会社からの寄付金を基金として運営します。

NHK学園高校は、NHKグループの協力を受けながら
経済的な事情を抱えた生徒たちを全力で支援します!!


■本件に関する一般の方のお問い合わせ先
NHK学園高等学校では、ただいま「2019年度転入生」「2020年度新入生・転入生・編入生」の案内書・願書を、各種奨学金に関する資料も同封の上、配布しています。
・NHK学園高校 … 電話:0120‐451‐424 ※月~金 9:30~17:30
・NHK学園高校ホームページ … リンク

■会社概要
学校法人NHK学園
代表:理事長 浜田 泰人
設立:1962年
本社所在地:東京都国立市富士見台2-36-2
事業内容:広域通信制高等学校、生涯学習、通信制福祉教育等の事業運営
URL リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]