logo

担当者が語る「顧客行動データから見つけた個店運営の成功法則」とは。

「東京シャツ」と「ソニーマーケティング」の担当者が、事例を語るセミナーを開催



[画像: リンク ]

株式会社ABEJAは10月28日午後4時から、東京都港区の本社で「『個店』に最適化した店舗設計、実践術」と
題したセミナーを開きます。

顧客の行動をデータで可視化し、店舗ごとの特徴を正しくとらえた個店の運営を実現している「東京シャツ」「ソニーマーケティング」の2社のご担当者が、実例を交えてお話します。
申し込みサイト: リンク
以下、詳細です。
================
商業施設や店舗といったリアル空間で顧客行動データを容易に取得できるようになった昨今、店舗分析の認知度も高まり、店舗運営にデータ分析の導入を検討する企業様も増えています。

しかし、店舗と言っても様々。個々の店舗の立地、来客層、周辺環境も店舗ごとに異なります。
店舗の状況に合わせた商品展開やレイアウト変更、営業を行なわず均一化された店舗運営では、顧客が限られる昨今、生き残ることができません。

とはいえ個店最適を図ろうにも、どうやって店舗の最適化をすべきか難しい…
そういったお悩みに応えられるのが「顧客行動データ」です。
本セミナーでは、来店人数、来店客層や数値化された店内での顧客の動線などを基に、店舗ごとの特徴を正しく捉え、最適な個店カスタマイズを行なう「個店最適」についての両社の取り組みをお伝えします。

ゲストは実際に顧客行動データを用いて個店最適を実現している東京シャツ株式会社 松中 秀人氏、ソニーマーケティング株式会社 岡部 信也氏のお二人が登壇。

立地や顧客が異なる個々の店舗状況に最適化された成功法則をどのように発見したのか、その中で顧客行動データがどのように活用されたのか具体例を交えながら話していただきます。

概 要
開催日時:2019.10.28 (月) 16:00 - 18:00
場所:株式会社ABEJA セミナールーム
東京都港区白金一丁目17番3号 NBFプラチナタワー10F
最寄り駅:東京メトロ南北線・都営三田線 白金高輪駅4番出口より直結 徒歩1分
参加費:無料
定員:50名程度
対象:小売企業の経営者、経営企画・事業開発、店舗経営ご担当の方
※お申込が多い場合は抽選となります。あらかじめご了承ください。
申し込みサイト: リンク

登壇者
東京シャツ株式会社経営企画室 室長
松中 秀人氏
店舗店長を経験後、商品ディスリビューター在籍中に商品動向分析に加え商圏分析やデータマーケティングの切り口で商品の効率的配分を新たに取り入れる。その後社内の各種データの分析から経営課題にまでアプローチする経営企画室に配属され他部署と連携しながら各階層の課題解決に取り組む。

ソニーマーケティング株式会社コミュニケーションデザイン部マーケティングプラットフォーム課
岡部 信也氏
2002年ソニーマーケティング入社。CRM事業企画部に配属となり、CRM分析やメールマーケティングに携わる。その後、パーソナルコンピューターVAIOの国内のマーケティング、中国やアジアのパソコンビジネスの経営企画業務に従事。現在はコミュニケーションデザイン部にてCRMに改めて取り組む。その後、パーソナルコンピューターVAIOの国内のマーケティング、中国やアジアのパソコンビジネスの経営企画業務に従事。現在はコミュニケーションデザイン部にてCRMに改めて取り組む。



プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]