logo

半数以上の人が「もっと安くできたはず」と回答。引越し経験者に聞いた節約術、第1位は…?

株式会社リクルート住まいカンパニー 2019年10月04日 11時00分
From PR TIMES

~ 『SUUMO引越し見積もり』 引越し節約テクニックに関するアンケート~

株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都港区 代表取締役社長:淺野 健)が運営する引越し見積もり比較サイト『SUUMO(スーモ)引越し見積もり』は、引越しに関するさまざまなテーマについてアンケート調査を実施し、結果をご紹介しています。今回は「引越し節約テクニック」について最新の結果をまとめましたのでお知らせします。




引越し業者を選ぶ際の節約テクニック第1位は「一括見積もりサービスを利用」


[画像1: リンク ]


引越し費用については引越し経験者の55.9%の人が「もっと安くできたはず」と感じています。引越し費用を抑えるためには、どんなことができるのでしょう?実際に効果のあった、引越し費用を格安にするテクニックについて、最近引越しをした人にアンケートを取ってみました。


[画像2: リンク ]

まず、業者選びにおける節約テクニックを聞いてみたところ、「一括見積もりサービスを利用」「複数の業者に自分で見積もりを依頼」「インターネットなどで複数の業者を調べた」と、複数の業者を比べるテクニックがトップ3を占めています。

なかでも、一番回答数が多かったのは一度の入力作業で複数の引越し業者を比較できる「一括見積もりサービス」。お金と時間の両方を節約できる効率的な方法です。

より引越し料金を格安にしたいなら、「1カ月以上前」に見積もり依頼をするのがベター。日数に余裕があれば、引越し業者がトラックや人員を確保しやすくなります。早めの相談・見積もりは引越し料金を格安にするための重要テクニックといえるでしょう。


約半数は繁忙期や土日を避けて割安な引越しを実施!フリー便などの活用も


[画像3: リンク ]

次に節約するために選択したコースを聞いてみたところ、第1位は「繁忙期や土日を避けた」第2位は「午前便・午後便・フリー便(時間指定なし)にした」といった結果に。業者が調整しやすいコースを選ぶことで、費用を抑えることができるでしょう。

ほかにも、複数の引越し客の荷物を積み合わせて運ぶ「混載便」、他の引越しをした後に空の状態で帰ってくるトラックを利用した「帰り便」などは、業者としても無駄のない運送方法なので比較的安くなります。引越し日時に融通がきくのなら、検討してみるのも手です。


約半数の人が「運べるものは自力で運ぶ」。自力で節約する人も多い


[画像4: リンク ]


さらに費用を抑えるために、自分で行ったことを聞いたところ、「引越し前に不用品を捨てる」が、半数以上でトップに。荷物が多ければ見積もり金額も上がりますから、自分でできる効果的な節約テクニックといえます。
2位の「運べるものは、自力で運んだ」、4位の「引越し前に不用品を売却」も、1位と同じく「荷物を減らして安くする」方法です。

▼詳細はこちら
引越し費用を格安で! みんなに聞いた節約テクニック 
リンク

<調査概要>引越しに関するアンケート
・調査期間:2019年7月25日(木)~2019年7月26日(金) 
・調査方法:インターネット調査
・対象:20代~40代、男女、1年以内に引越しをした人 
・有効回答数:517


『SUUMO引越し見積もり』サービスについて


[画像5: リンク ]


SUUMO引越し見積もりとは、インターネット上で複数の引越し会社に無料で一括見積もりができるサービス。複数の見積もり価格を比較することで、希望日に一番安く引越しができる引越し会社を見つけられます。

特徴1.
大手・地元密着型問わず、多数の引越し会社がSUUMOに参画。
見積もりを依頼する引越し会社は自分で選択できます。

特徴 2.
電話番号の入力は不要。見積もり後のやりとりがメールでできます。

▼SUUMO引越し見積もり WEBサイト
リンク
[画像6: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]