logo

プログラミング不要のチャットボット開発ツール『hachidori』が、首都圏120教室運営の学習塾 市進のLINE公式アカウントに採用されました。

hachidori 2019年10月04日 11時55分
From PR TIMES

~保護者に馴染みのあるLINEを活用したイベント情報の提供で、認知拡大・理解促進へ~

 hachidori株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:伴 貴史、以下「当社」)が運営するプログラミング不要のチャットボット開発ツール『hachidori』が、株式会社市進ホールディングス(本社:千葉県市川市、代表取締役社長:下屋 俊裕)連結子会社の株式会社市進(本社:千葉県市川市、代表取締役社長:小笠原宏司)が運営する市進 LINE公式アカウントに採用されました。視認性に優れたリッチメニューを活用し、イベントや講習情報の提供・よくある質問への対応を行っています。



[画像1: リンク ]


 市進は、首都圏を中心に小中学生および現役高校生を対象とした市進学院・市進予備校を120教室運営する進学塾です。同公式LINEアカウントでは、進学塾の情報収集をしている保護者や市進学院ならびに市進予備校への入会を検討している保護者に対し、『hachidori』を用いて教育イベントの案内や講座・講習の案内を行っています。

 現在の日本では少子化が進行し、学習塾業界の集客状況も厳しくなっています。「めんどうみ合格主義」で55年を迎える市進は、保護者にも馴染みがあるLINEというインターフェースを活用した視覚コンテンツの提供で、市進学院・市進予備校への認知の拡大・理解の促進を行い、申し込みにつなげています。
[画像2: リンク ]




株式会社市進 広報室 横山 善則室長からのコメント

 弊社は小学生・中学生・高校生を対象に、千葉・東京・神奈川・埼玉エリアで進学塾を運営しています。2020年教育改革を目前に、日本の教育は大きく変わろうとしています。当社の特長の一つは小学校低学年からプログラミング講座や子ども向け英語4技能指導といった新しい教育提案で、21世紀のグローバル社会で活躍できる人材を育てていることです。そのため、新しい時代に向けた教育情報も、新たなチャンネルと身近なツールを活用し、よりコンパクトにお届けすることが必要です。よって、国内最大のユーザー数を誇るLINEを活用した情報配信には大きな期待をもって取り組んでいます。


今後の展望

当社は今後もコミュニケーションを円滑化するサービスを提供する事業者として、チャットボットのブラッシュアップ・機能アップデートを行ってまいります。


■ 『hachidori』とは (リンク

[画像3: リンク ]

 プログラミング不要で簡単にチャットボットが開発できるツールです。お問い合わせ対応から営業支援、マーケティングまで、作成できるチャットボットの幅広さが強みです。個人向け『hachidori』、法人向け『hachidori plus』合わせて7,000件以上の開発実績を持っています。月額10万円(税抜)から利用が可能です。

 hachidori株式会社は、LINEの法人向け開発パートナー(Technology Partner)、LINE WORKの連携ツール(Bot開発/ツール)の認定を受けています。


■ 会社概要
会社名:hachidori株式会社
代表者:代表取締役社長 伴貴史
設立:2015年5月
所在地:東京都千代田区神田錦町3-17 廣瀬ビル7階
事業内容:プログラミング不要のチャットボット開発ツール『hachidori』運営
アルバイトと店長のための業務管理アプリ『CAST』運営
URL:リンク (コーポレートサイト)
リンク (『hachidori」サービスサイト)
リンク (『CAST』サービスサイト)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]